FOLLOW US

湘南FW指宿洋史、清水への完全移籍「活躍する姿を見せたい」

清水への完全移籍が決定した指宿 [写真]=清原茂樹

 湘南ベルマーレに所属するFW指宿洋史が、清水エスパルスへ完全移籍で加入することが決定した。4日、両クラブが発表している。

 現在29歳の指宿は、柏レイソルU-18出身で、スペイン2部のジローナやレアル・サラゴサB、CEサバデル、セビージャBと渡り歩いた。2011-12シーズンにはセビージャのトップチームでリーガ・エスパニョーラ1試合に出場。以後は同国2部のオイベン、バレンシアBを経て、2014年7月からアルビレックス新潟でプレー。2017年3月にジェフユナイテッド千葉へ移籍し、2019年から湘南でプレーしている。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで20試合に出場し、2得点を記録した。

 完全移籍が決定した指宿は湘南の公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「この度、清水エスパルスに移籍することになりました。一昨年より2シーズンを湘南ベルマーレの一員として戦えたことを誇りに思います。昨シーズンはコロナウィルスの影響もあり、ファン、サポーターの皆さんと直接触れ合う機会が少なくなり、また、中断期間明けの無観客試合では閑散とするスタジアムを経験し、皆様の大きな存在にあらためて気づかされました。今シーズンは同じ舞台で対戦することになりますが、皆様に活躍する姿を見せたいと思います。湘南ベルマーレのファン、サポーター、スポンサー、携わる全ての皆様に感謝しています」

 そして、加入する清水の公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「このたび、清水エスパルスへ加入することになりました、指宿洋史です。歴史あるクラブ、そしてロティーナ監督の下でプレーできることは大変有り難く、誇りに思います。本来のFWとしての役割と責任を全うし、勝利に貢献いたします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO