2019.06.19

勝利を呼び込む劇的な逆転ゴール…興梠慎三が第15節『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP』選出

興梠慎三
第15節のMVPに選出された浦和のFW興梠慎三 [写真]=浦和レッズ
サッカー総合情報サイト

 J1リーグ2019年シーズンからスタートした、浦和レッズのサポーターが毎試合のMVPを投票して決定する『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP(サポーターdeセレモニー)』。第15節、ホームでのサガン鳥栖戦の最多得票はFW興梠慎三が獲得した。



 前節は川崎フロンターレと1-1で引き分け、リーグ戦の連敗を3で止めた浦和。今節はホームに鳥栖を迎えた。序盤から鳥栖のスピーディーな攻撃に苦戦し、18分には先制ゴールを献上。それでも、31分に宇賀神友弥が同点弾をマークして1-1で前半を折り返した。後半も押し込まれるシーンが何度かあったが守備陣が奮闘する。そしてアディショナルタイムにはマルティノスのドリブルからチャンスを作り、90+3分に興梠が逆転ゴール。2-1での勝利を飾った。興梠はこのゴールで浦和でのJ1通算得点を「91」とし、クラブのレジェンドである元日本代表の福田正博氏の記録に並んだ。

■投票者のコメント
・厳しいゲームの中、ロスタイムに決める活躍。大事な場面で決めるあたりはエースの名に相応しい活躍。また、前線からカラダを張ったプレーは常にチームに勇気を与えてくれたし、その積み重ねが最後のチャンスをモノにできたのだと思う。
・決勝点はもちろんだか、ボールが収まるようになってきた。やはり慎三さんにボールが収まると浦和らしくなる。
・さすが浦和のエース! 福田に並ぶ総得点も素晴らしい。
・相手DFに徹底マークされている中でも、スペースを作る動きやカラダを張ったプレーが今日も目立ちましたね。あの場面で落ち着いて確実に決められるのが素晴らしい。レッズのエースは俺だと言わんばかりの存在感でした。
・ミスターレッズに並ぶ決勝弾。最後まで諦めずに頑張ったご褒美ですね。さっそくのミスターレッズ越え、待っています!!
・スタメンで試合開始から走り続け、アディショナルタイムに落ち着いてゴールを決める興梠選手は名実ともに「浦和のエース」。期待せずにはいられない!
・チーム全体に最後まで諦めず闘う姿勢が戻ってきた! 全員がよく走って、攻めて、守って! 一人だけ選ぶのが難しいが最後の最後で落ち着いてゴールを決めた興梠選手をMVPに選びました!
・天気もあまり良くない中、最後の最後まで諦めずに走りきり勝利に導いてくれた興梠選手はカッコよすぎる!
・目指せ!ミスターレッズ!!
・やっぱり浦和のエースは一味違う!
・最後に落ち着いて決めてくれたから。あれは慎三だからこそなせる技!
・慎三くんは、インタビューでは、謙遜していますけど名実ともにもうミスターレッズです! これからもレッズでゴールを積み上げ、誰にも越えられないと言われるくらい活躍すると信じています!
・ワントップなのに守備にも参加して、やっぱり頼れるエースが決めれば勝つ。
・いつもながらピッチの中に背番号30が何人いるのだろうかと思わせるような攻撃に守備に八面六臂の活躍。トドメはATの技ありの劇的逆転ゴール。鳥肌モノでした!
・浦和のエースがATに逆転ゴールを決めて大槻監督へ初勝利をプレゼント。そしてサポーター・ファンを最後の最後で笑顔にしてくれた。浦和の最多ゴール記録を伸ばしてください。興梠慎三選手がんばれー!
・相手のミスを見越(予想)してのポジショニング、そして冷静なフィニッシュ。完璧なプレーでした! 文句なしのMVPです!

■得票率
1.興梠慎三(62.6%)
2.宇賀神友弥(14.29%)
3.マルティノス(13.25%)
4.岩波拓也(7.01%)
5.西川周作(1.3%)
6.武藤雄樹(0.78%)

【概要】
明治安田生命J1リーグにおいて、試合終了後(試合4日後までを予定)にファン・サポーターがWEB投票によってMVPを選出。投票に参加したユーザーには『MVP獲得選手のサイン入りユニフォーム』『「ティナラウンジ」ディナー券3,000円分』『セレモニーオリジナルベア』が抽選でプレゼントされる。次回投票は、6月30日(日)第17節の大分トリニータ戦にて実施される。

詳細・投票は下記の専用ホームページから。
初回のみ要ユーザー登録。
http://www.ceremony.jp/2019_SdC/

主催:セレモニー
実行委員会:セレモニー、フロムワン(サッカーキング、浦和マガジン)、テレ玉(GGR)
協力:浦和レッズ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る