FOLLOW US

岡山、10番・大竹洋平ら6名が契約満了に…4月加入リカルド・サントスも

岡山退団が決まった大竹洋平(写真は昨季のもの) [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 ファジアーノ岡山は22日、6選手との契約満了を発表した。

 契約満了に伴う退団が発表されたのは、MF澤口雅彦、MF大竹洋平、MF末吉隼也、FWリカルド・サントス、MF加藤健人、GK似鳥康太の6選手。加藤は今年8月よりおこしやす京都ACへ、似鳥は今年3月よりロアッソ熊本へ育成型期限付き移籍していた。

 澤口は現在33歳。2009年より岡山でプレーし、今季が在籍10年目だった。2018明治安田生命J2リーグでは14試合に出場した。

 10番を背負ってきた大竹は、現在29歳。FC東京でプロキャリアをスタートさせ、セレッソ大阪、湘南ベルマーレでもプレーした経験を持つ。岡山には昨季から所属。今季はJ2リーグ戦17試合の出場で1得点だった。

 31歳の末吉は、今季より岡山でプレーしていた。これまでアビスパ福岡やサガン鳥栖、大分トリニータに所属した同選手は、今季のJ2で25試合に出場したが、1年でチームを離れることとなっている。

 ブラジル出身のリカルド・サントスは現在31歳で、今年4月に岡山へ加入した。昨季までC大阪に所属していた同選手は15試合の出場で0得点と結果を残せず、退団が決まった。

 23歳の加藤と22歳の似鳥は、ともに今季岡山で公式戦の出場機会はなかった。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA