2018.11.08

今季のJ1は残留争いが熱すぎる! “史上最もハイレベル”な戦いを制するクラブは…?

今季も残り3節となった [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 今季の明治安田生命J1リーグは優勝争いよりも残留争いが熱い。2005年の18チーム制以降、最下位のチームが獲得した最多勝ち点は、2009年にジェフユナイテッド千葉が記録した「27」。現在最下位に沈むV・ファーレン長崎は、第27節終了時点ですでに勝ち点「27」を獲得しており、J1史上最もハイレベルな残留争いが繰り広げられている。
 
 今季も残り3節、残留を目指すチームの成績と今後の対戦予定を紹介する。なお、今回は“残留のボーダーライン”と言われている勝ち点「40」未満のチームを紹介の対象とした。

13位 横浜F・マリノス

[写真]=J.LEAGUE

今季の成績
11勝5分け15敗 53得点52失点…勝ち点38

今後の対戦予定
第32節 vsV・ファーレン長崎(トラスタ)
第33節 vsサガン鳥栖(ベアスタ)
第34節 vsセレッソ大阪(日産ス)

今季からポステコグルー監督が標榜する“アタッキングフットボール”を体現中。ここまでリーグトップの53得点を叩き出してるが、総失点数52はリーグワースト2位の数字でもあり、攻守のバランスを欠いている印象だ。一時は3連勝を記録し、残留ラインの勝ち点40に迫るも、現在2連敗中。次節以降は長崎、鳥栖とアウェイでのライバル対決を控えている。

14位 湘南ベルマーレ

[写真]=J.LEAGUE

今季の成績
9勝10分け12敗 34得点39失点…勝ち点37

今後の対戦予定
第32節 vsガンバ大阪(吹田S)
第33節 vs浦和レッズ(BMWス)
第34節 vs名古屋グランパス(パロ瑞穂)

ルヴァンカップ優勝も束の間、中2日で迎えたアウェイでの磐田戦は0-1で敗戦。さらにホームで行われた金Jの清水戦はスコアレスドローに終わった。過密日程の影響もあり、リーグ戦ではここ3試合勝利がない。次節は7連勝と勢いに乗るG大阪、そしてACL圏内入りを目指す浦和と強敵が続く。最終節の名古屋戦は互いの運命を懸けた一戦になる可能性もある。

15位 名古屋グランパス

[写真]=J.LEAGUE

今季の成績
11勝4分け16敗 48得点54失点…勝ち点37

今後の対戦予定
第32節 vs清水エスパルス(アイスタ)
第33節 vsサンフレッチェ広島(Eスタ)
第34節 vs湘南ベルマーレ(パロ瑞穂)

前半戦17試合で勝ち点を「10」しか積み上げられず、最下位で折り返した。第19節の仙台戦で16試合ぶりに勝ち点3を獲得すると、そこから怒涛の7連勝。依然として残留争いから脱し切れていないが、火曜日に行われた延期分の第28節・C大阪戦で勝利し、安全圏の15位に順位を上げた。そのC大阪戦で決勝点をマークした相馬勇紀が出場した試合は7戦全勝を誇る。

16位 サガン鳥栖

[写真]=J.LEAGUE

今季の成績
9勝9分け13敗 27得点33失点…勝ち点36

今後の対戦予定
第32節 vsヴィッセル神戸(ノエスタ)
第33節 vs横浜F・マリノス(ベアスタ)
第34節 vs鹿島アントラーズ(カシマ)

4月から5月にかけて7連敗を喫するなど、今季は序盤戦から低迷。トーレスの加入で再び波に乗ったかと思われたが、成績不振によりフィッカデンティ監督の解任に踏み切った。新指揮官にはU-18監督とトップチームコーチを兼任していた金明輝が就任。初陣の仙台戦に勝利すると、前節は長崎との残留争い直接対決を制して2連勝。徐々に調子を上げている。

17位 柏レイソル

[写真]=J.LEAGUE

今季の成績
10勝3分け19敗 40得点52失点…勝ち点33

今後の対戦予定
第33節 vsセレッソ大阪(ヤンマー)
第34節 vsガンバ大阪(三協F柏)

『柏から世界へ』を掲げ、今季はACLにも出場。昨季の4位超えが期待されたが、J2降格の危機が迫っている。夏には鈴木大輔が約3年ぶりに復帰し、前線にはケニア代表FWオルンガを加えたが、後半戦はわずか4勝止まり。ACL決勝第2戦に伴い、先んじて行われた第32節・鹿島戦にも敗れ現在3連敗中だ。他会場の結果によっては今週末にも16位以下が決定する。

18位 V・ファーレン長崎

[写真]=J.LEAGUE

今季の成績
8勝5分け18敗 34得点52失点…勝ち点29

今後の対戦予定
第32節 vs横浜F・マリノス(トラスタ)
第33節 vsガンバ大阪(吹田S)
第34節 vs清水エスパルス(トラスタ)

クラブ史上初のJ1昇格を成し遂げ、今季序盤では4連勝を記録するなど快調なスタートを切った。前半戦を安全圏の15位でターンしたものの、後半戦早々に5連敗。現在も4試合未勝利と勝ち星が遠く、勝ち点差が徐々に広がり始めている。今節の横浜FM戦に勝利、または引き分けで勝ち点を獲得しても、16位の鳥栖が勝利するとJ2自動降格圏の17位以下が決まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る