2018.04.13

【横浜FMvs神戸プレビュー】横浜FMは神戸戦直近10対戦で7勝3分…神戸はFWポドルスキを出場停止で欠く

大黒柱であるFWルーカス・ポドルスキを出場停止で欠く神戸。フォーメーション変更で対応する可能性も [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■横浜F・マリノス 得点ランキング3位タイのFWウーゴ・ヴィエイラが好調を維持

【プラス材料】
 対戦相手の神戸とは過去4年のリーグ対戦成績が5勝3分と好相性を誇る。5年前の2013年は神戸がJ2所属だったため対戦はないが、その前年の2012年も2戦2勝。最後に敗れたのは2011年8月まで遡る必要があり、実に直近10試合が7勝3分と得意にしている相手だ。

 個人に目を移すと、ここまで7試合で4得点を挙げて得点ランキング3位タイのFWウーゴ・ヴィエイラが好調を維持している。前節の広島戦でもPKをきっちり決めており、少ないチャンスをモノにする決定力が光る。チームとしてポゼッションすることはできているだけに、あとはゴール前で決定機をどれだけ作れるか。効果的なボールを配球できれば、非凡なゴールセンスを見せるポルトガル人ストライカーがゴールネットを揺らすだろう。

【マイナス材料】
 前節の広島戦は先制しながらも、後半に3失点し1-3というショッキングな逆転負けを喫した。相手がここまで無敗で首位を走る好調チームだったとはいえ、持ち前の守備力を発揮できずに3失点したのは気がかり。チーム全体が前がかりになるため背後のスペースを突かれる場面が散見され、ピンチが被決定機になりやすいという欠点がある。オフェンスで主導権を握れない展開になると、ディフェンスにも影響が出るという構造上の問題もありそうだ。

 ここまで7試合を消化して複数得点を挙げた試合がないため、2得点以上できるかも課題。2点のリードを奪えばゲームコントロールしやすくなって試合を優位に進められるが、広島戦はシュート5本と不調に終わっている点を修正できるか。

文:totoONE編集部

■ヴィッセル神戸 大黒柱を欠く一戦は渡邉と大槻を2トップに配置か

【プラス材料】
 リーグ前節の浦和戦では2-3で逆転負けしたものの、新加入のFWウェリントンと神戸U-18から昇格したFW佐々木大樹が今季リーグ戦でともに初ゴールを決めるなどニューフェイスが活躍。15連戦の過密日程を戦い抜く上で、選手層に厚みを増したことは大きな収穫となった。

 また、貴重な左利きの大型CBとして期待値の高いDF宮大樹もリーグ戦デビュー。チームとして3失点はしたものの、持ち味の正確なロングフィードを生かして後方からゲームを組み立てた。

 吉田孝行監督が「もったいないゲーム。(中略)でも、後半にビルドアップのやり方を変え、2点取れて逆転したところまでは良かった」と振り返ったように、対応力がついてきたのもプラス材料だ。

【マイナス材料】
 リーグ第6節のG大阪戦に勝利し、勝率を5割に戻していた神戸。前節の浦和戦に勝っていれば、上位戦線に食い込めただけに、浦和に敗戦したブレーキは痛い。

 またFWルーカス・ポドルスキの出場停止がどれくらい影響するか。彼を中心にチームを作ってきているだけに未知数の部分は大きい。4-4-2にフォーメーションを変えて、FW渡邉千真とFW大槻周平の2トップでハイプレスを掛けるのか。

 不安材料でいえば、失点の多さだ。浦和戦ではセットプレーから2失点。特に元神戸のDF岩波拓也に決められた2失点目は、ファーサイドの選手のサイズが小さいというウィークポイントを狙われた。7試合10得点11失点と、失点過多が続くようでは上位浮上は難しい。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る