2017.10.11

Jリーグが9月の月間MVPを発表! J1は4戦3発の川崎FW小林、J2は松本山雅の10番工藤

小林悠
9月のJ1月間MVPに輝いた小林 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは11日、明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 9月の月間MVPを発表した。

 J1では川崎フロンターレのFW小林悠が選出された。小林は9月の4試合で3ゴールと攻撃陣をけん引。首位・鹿島アントラーズを追うなかで、上位の横浜F・マリノス戦やセレッソ大阪戦で価値あるゴールを決め、チームの月間無敗に貢献した。

 小林のコメントは以下の通り。

「たいへん光栄に思います。9月は4つの大会に参加し、全ての大会でタイトルを目指しながら戦ってきました。過密日程の中で、ACLは非常に悔しい敗戦となってしまいましたが、キャプテンとしてプレーし、常にチーム一丸となって戦えていること、フロンターレを応援していただいている全ての方々と共に戦えている充実感を感じた9月でした。シーズンはまだまだ続いていきますが、タイトルに向けて全力で戦っていきたいと思います」

 またJ2では松本山雅FCのMF工藤浩平が月間MVPに選ばれた。工藤は9月の松本山雅の快進撃に貢献。チーム11得点のうち、3ゴール1アシストの活躍に加えて守備面でもチームを支えた。中でも9月のスルーパス数は2位以下を大きく突き放し、J2で1位を記録。Jリーグ選考委員会は「ゲームメーカーとして攻守にわたって活躍した」点を高く評価している。

工藤浩平

9月のJ2月間MVPに選ばれたMF工藤浩平 [写真]=J.LEAGUE

 工藤のコメントは以下の通り。

「仲間たちの力があってこそ自分が輝くことができるので、チームメイトに感謝したいです。そしてチームの状況が良いときも悪いときも、特に試合の苦しいときに熱く応援してくれるサポーターの皆さんにも感謝しています。8月の3試合はベンチに甘んじていましたが、チーム戦術の中で自分の力をどう出していくかというのを考えさせられ、『自分が出たらこうしてやろう』という気持ちを強く持って試合に臨みました。勝ち続けることで上にプレッシャーを与えながら、最後は昇格してみんなで笑えるようにしたいです」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る