2017.05.19

【浦和vs清水プレビュー】柏木陽介、遠藤航がけがから復帰した浦和…チアゴ・アウベスの調子が上がってきた清水

清水はFWチアゴ・アウベスにマークが集まれば、FW鄭大世(写真)のチャンスが増えるはず [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■浦和レッズ リーグ前節は幅の広い攻撃で新潟に快勝

【プラス材料】
 ACLを含めた公式戦で3連敗を喫していた浦和だが、成績不振で監督交代があった新潟からは6-1でしっかりと勝ち星を取り、嫌な流れを断ち切った。それまで3試合連続ノーゴールと湿っていた火薬も新潟戦では大爆発。オウンゴールを除く5ゴールがすべて違う選手から生まれるという幅の広い攻撃で、溜まりに溜まっていたうっぷんを晴らした。

 内容は結果ほど充実していたとは言えないものの、けがで戦列を離れていた柏木陽介、遠藤航が復帰したのは朗報だ。この2人が戻ってきたことでパスの供給源が確保され、とりわけ中盤でタクトを振るう柏木の重要性が改めて浮き彫りになった。

 今節対戦する清水には2013年4月にホームで敗れて以来、4勝1分と負けておらず、相性のいい相手となっている。

【マイナス材料】
 新潟戦は6-1と圧勝したとは言え、課題がなかったわけではない。柏木陽介が「正直、チームとして良かったかと言われると、そうでもない。何か、ふとしたものが全部、点になってしまったというか」と振り返ったように、攻撃の精度を欠く場面も散見され、相手の脆い守備組織に助けられた側面もあった。

 また、立ち上がりに集中を欠き、出会い頭に1失点を喫したのも反省点だ。宇賀神友弥は「上位を争う相手とこういう試合をしてしまうと、そのまま点が取れないで負ける」と表情をくもらせていたが、どんな相手でもスタートから気を引き締めて戦う必要がある。

 新潟戦では、ラファエル・シルバが負傷退場したのが残念なニュースとなった。右股関節周辺の肉離れであることが判明し、清水戦は欠場が決定的となっている。

文:totoONE編集部

■清水エスパルス パスの供給源として、竹内涼の存在は大きい

【プラス材料】
 チアゴ・アウベスの調子がかなり上がってきたことは、非常に明るい要素だ。左足のシュートはリーグ屈指のパンチ力があり、リーグ前節の鳥栖戦のように遠めから決めることができる。ドリブルからシュートまで自力で持っていく力もあるため、相手に守りを固められた際にも、カウンター攻撃でも、大きな仕事が期待できる選手だ。

 また、チアゴにマークが集まる副次効果として、もう一人のエース鄭大世のチャンスが増えることも期待できる。現在は5試合ノーゴールと勢いが止まっている鄭だが、コンディションが落ちているわけではないため、1点を取れれば再び量産態勢に入れる可能性はある。

 その新たな2トップに対するパスの供給源として、竹内涼の存在も大きい。リーグ前節はいま一つのパフォーマンスだったが、復調すればプラス材料となるだろう。

【マイナス材料】
 守備の軸となっていたセンターバック犬飼智也の負傷離脱は大きなマイナス要素だ。浦和の前線は高さがあるわけではないが、抜け目なくよく動く選手が揃っているので、個の対応という面で犬飼を欠くのは痛い。そこで安全志向になりすぎてディフェンスラインが下がってしまうと、ポゼッション率がJ1首位の浦和に押し込まれる時間が長くなるだろう。

 1-1に終わったリーグ前節の鳥栖戦では、後方からのビルドアップがうまくできなかったこともマイナス要素。土曜日は気温が高くなる可能性があり、自分たちがボールを保持する時間を作れないと、体力的にも消耗させられ、終盤に苦しくなってしまう。

 また、清水は以前からペトロヴィッチ・スタイルのチームを苦手とする傾向があり、第2節の広島戦には無失点で勝利したが、今回は5トップ気味の浦和の攻撃にどう対応するか勝負のカギを握る。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
アタランタ
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る