2017.02.08

Jリーグを月額980円で視聴可能…ドコモとDAZNが共同で新サービスを発表

会見に出席したジェームズ・ラシュトンCEO(左)と吉澤和弘社長(右)
サッカー総合情報サイト

 NTTドコモと今季から明治安田生命Jリーグを放送するDAZNは8日、共同で新サービス『DAZN for docomo』を立ち上げることを発表した。

 新サービスはNTTドコモの利用者が、通常月額1750円のDAZNを月額980円で利用できる。サービスは2月15日にスタート。視聴可能なコンテンツは通常のDAZNと同様で、dアカウント認証、携帯電話料金との合算払いが追加のサービスとして提供される。

 イギリスのPerform Groupが展開する動画配信サービスのDAZNは、様々なスポーツファンが楽しめるライブストリーミングサービス。ブンデスリーガやセリエAなどの欧州リーグはもちろん、サッカー以外にもNFL(アメリカンフットボール)やUFC(総合格闘技)など、世界最高峰のあらゆるスポーツをライブ配信している。昨年7月には、Jリーグと10年間で約2100億円の放映権契約を発表。今季は明治安田生命Jリーグの全試合(J1、J2、J3)をライブ配信する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る