FOLLOW US

J2残留を目指す金沢、終了間際に値千金の得点…栃木に完封勝利で第2戦へ

第1戦を敵地で勝利した金沢 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 J2・J3入れ替え戦第1戦が27日に行われ、栃木SCツエーゲン金沢が対戦した。

 来季のJ2の舞台をかけ、2016明治安田生命J3リーグ2位の栃木と、2016明治安田生命J2リーグ21位の金沢が激突する。第1戦は昇格を目指す栃木が、残留を目指す金沢をホームに迎えた。栃木はリーグ戦チームトップスコアラーとなったFW大石治寿のほか、MF宮崎泰右らが先発。対する金沢はFW山﨑雅人、MF熊谷アンドリューなどがスタメン出場を果たしている。

 試合は立ち上がりから堅い展開。互いに高い守備意識を見せ、隙を与えない。

 そんな中最初にチャンスを迎えたのは栃木。32分、敵陣でボールを奪うと、右サイドでパスを受けた宮崎が中央へカットイン。そのまま左足でミドルシュートを放った。しかしこれはGK原田欽庸の正面。得点には至らない。

 直後の35分には、エリア付近で栃木の上形洋介が左足を振りぬくが、これはDF太田康介が体を張ってシュートブロック。得点を与えない。

 スコアレスで後半に突入して50分、栃木は左サイドでFKを獲得すると、西澤代志也の蹴ったボールがファーサイドへ流れる。これに大石が反応し右足でゴールを狙うが、GK原田がビッグセーブ。チームを救った。

 一方の金沢は52分、敵陣でボールを奪い、小柳達司がすぐさま浮き球を右足でミート。しかしボールはクロスバーの上へわずかに外れた。

 その後は再び両チーム一進一退の攻防。互いにチャンスを作れない時間が続く。

 それでも83分、金沢は左サイドでバックパスをカットした安柄俊がGK吉満大介との1対1を迎える。しかしここはGK吉満が的確に距離を詰め、シュートを阻止。ゴールを割らせなかった。

 しかし89分、金沢はCKを獲得すると、太田が競り合って流れたところにファーサイドの小柳達司が飛び込む。シュートはニアサイドを射抜き、先制ゴールとなった。

 直後に試合はタイムアップ。終了間際の得点で、金沢が1-0の勝利を収めた。金沢が優位な状況で第2戦を迎える。一方、栃木はアウェーゴールを許し敗れ、苦しい状況となった。

 運命の第2戦は、芝生の改修工事のため金沢ではなく富山で12月4日に行われる。

【スコア】
栃木SC 0-1 ツエーゲン金沢

【得点者】
0-1 89分 小柳達司(金沢)

スポナビライブ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA