2016.03.26

C大阪、開幕5連勝ならず…終了間際に痛恨のPK献上で金沢とドロー

サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J2リーグ第5節が26日に行われ、セレッソ大坂とツエーゲン金沢が対戦した。

 ここまで4試合すべてを1-0で制して開幕4連勝中のC大阪。5連勝をかけて臨む一戦では、前節と同じ先発メンバーを起用し、FW柿谷曜一朗やFW杉本健勇らが名を連ねている。一方の金沢はここまで1分け3敗と未だ白星なし。首位に立つC大阪とのアウェーゲームで初勝利を狙う。

 試合は開始早々にC大阪のゴールで動く。4分、敵陣右サイドからのロングボールでエリア内左に抜け出したブルーノ・メネゲウが右足アウトでうまくコントロールし、右足でゴール右隅にシュートを流し込んだ。

 先制したC大阪だが、その後はなかなかチャンスが作れない時間が続くと、金沢が試合を振り出しに戻す。26分、左CKから馬渡和彰がクロスを上げると、GKの頭上を超えたボールをメンデスがヘディングで叩き込んだ。C大阪が今季初失点を喫し、スコアは1-1となった。

 追いつかれたC大阪は39分、右サイドの松田陸からのアーリークロスにエリア内中央の杉本が頭で合わせたがシュートは枠の右に逸れた。前半はこのまま同点で折り返す。

 後半も先に得点を奪ったのはC大阪。63分、敵陣でボールを奪った杉本がドリブルでエリア手前中央まで運び右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール右隅に決まった。直後の67分、C大阪は杉本に代えて関口訓充を投入した。

 1点を追いかける金沢は77分、前線でパスを受けた安柄俊がドリブルでDFをかわしてエリア手前左から右足で狙ったが、このシュートは枠の左に外れてしまった。

 終盤は同点を目指す金沢が押し込む展開となる。83分には、右サイドからのクロスをエリア内中央で受けた水永翔馬が後方に落とし、走り込んだ古田寛幸が左足ダイレクトで狙ったが、シュートはGKの正面に飛んでしまった。すると終了間際の後半アディショナルタイム4分に同点ゴールが決まる。山藤健太がエリア内で関口に倒されてPKが与えられると、これを山藤が自らゴール左に決めた。

 試合はこのまま2-2で終了のホイッスルを迎え、C大阪は開幕5連勝ならず。金沢は今季初勝利こそお預けとなったが、勝ち点1を獲得している。

 次節、C大阪は4月3日にジェフユナイテッド千葉と、金沢は同日に横浜FCとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
セレッソ大坂 2-2 ツエーゲン金沢

【得点者】
1-0 4分 ブルーノ・メネゲウ(セレッソ大坂)
1-1 26分 メンデス(ツエーゲン金沢)
2-1 63分 杉本健勇(セレッソ大坂)
2-2 90+4分 山藤健太(PK)(ツエーゲン金沢)

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る