サッカーゲームキングジャック6月号
2016.03.19

2得点の川崎MF中村憲…ミドル弾は「打ってみようかなと思ったら入った」

中村憲剛
2ゴールで川崎を連勝に導いた中村憲剛 [写真]=春木睦子
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第4節が19日に行われ、川崎フロンターレは敵地でヴァンフォーレ甲府と対戦し、4-0で快勝を収めた。

 前節の名古屋グランパス戦に続き、ゴールを奪った川崎MF中村憲剛。まずは4ゴールを奪った試合を終え、「幸先良く先制点を取れて、向こうが出てくるかなと思ったけど、あんまり出てこなかった。焦れずに自分たちのペースでやれたかな」と焦らずに追加点を狙っていけたことが、大勝につながったという。

 ファーストステージの4節までを終え、川崎はJ1で唯一の無敗を続けている。好調の要因としては多くの得点を奪えていることに加え、守備面についても挙げ、「細かいところ、カウンターのケアとかセットプレーの守備とか。今は(試合が)1週間おきなので、しっかりと準備できている。そういうところからみんなで声を出し合いながら修正できている」と細部まで修正できていることが大きいと語った。

 また、この試合ではFKで先制点、意表を突くミドルシュートでチームの3点目を奪った。FKについては「その前にもう少し近いところでクロスを上げていたので、(今度は)狙おうかと思った。前日に練習していた。練習でもうまく決められていたので、自信を持って蹴ることができた」と練習の成果だと述べた。

 ショートコーナーから相手GK河田晃兵のニアを突いたミドルシュートについては「その前にショートコーナーを何本もやっていて、普通に(クロスを)上げていたので、キーパーもそのイメージがあったと思う。ちょっとスペースが空いていたので、打ってみようかなと思ったら入ったので。こういうこともあります(笑)」と一瞬の隙を見逃すことなく奪ったゴールだと振り返った。

 これで川崎は単独首位をキープした。今後に向けては「首位と言ってもまだ4節が終わっただけですし、まだまだこれから長い戦いがあるので、一つひとつの試合を大事に、しっかり一生懸命走って頑張りたい」と意気込みを口にした。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
31pt
鹿島
30pt
浦和
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
32pt
町田
28pt
C大阪
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
相模原
21pt
秋田
21pt
鹿児島
20pt
Jリーグ順位をもっと見る