EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.03.19

川崎、攻撃陣爆発の4発快勝で首位堅守…中村憲が芸術FK&意表突くミドル弾沈める

中村憲剛
FKから先制ゴールを挙げた中村憲剛 [写真]=春木睦子
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第4節が19日に行われ、ヴァンフォーレ甲府と川崎フロンターレが対戦した。

 前節、川崎は名古屋グランパスを3-2で下して単独首位に浮上した。対するホームの甲府は、前節のサガン鳥栖戦で1-1の引き分け。1勝1分け1敗で8位につけている。川崎はここまでの3試合で8得点と攻撃力を武器としているチーム。一方、甲府は3試合で2失点と堅守を見せている。今節は対象的な両チームの対戦となった。

 試合は開始早々にスコアが動いた。9分、川崎がエリア手前ほぼ正面の位置でFKを獲得すると、キッカーの中村憲剛が右足でシュートを狙った。壁を越えたボールがゴール左上隅に突き刺さり、幸先良く先制に成功した。中村は名古屋戦に続き2試合連続ゴールとなった。

 続く25分、左CKを獲得すると、一度クリアされたボールを大久保嘉人が拾ってミドルシュート。相手DFにブロックされてこぼれたボールが、エリア内左の谷口彰悟が中央の森谷賢太郎へパス。森谷が落ち着いてゴール右下に決め、川崎が追加点を奪った。

 一方、甲府は今季3得点のエース・クリスティアーノを中心に攻める。43分、右サイドで稲垣祥からボールを受けたクリスティアーノが中央へカットインして左足ミドルシュート。しかし、ここは惜しくもクロスバーの左に直撃。ゴールを割ることができなかった。このまま2-0で川崎がリードしてハーフタイムを迎えた。

 甲府は後半開始から選手交代。稲垣を下げて田中佑昌を投入し、流れを変えにかかる。さらに54分、ニウソンに代えて森晃太を投入した。

 その後は甲府が徐々に盛り返しつつあったが、川崎が再びセットプレーのチャンスを生かす。66分、左CKを獲得すると、キッカーの中村はショートコーナーを選択。大島僚太からのリターンを受けると、ニアサイドを目掛けて右足シュートを放った。意表をつかれたGK河田晃兵は防ぐことができず、ゴールネットを揺らした。川崎は73分に谷口を下げて田坂祐介、77分に森谷を下げて森本貴幸を投入した。

 まずは1点を返したい甲府。82分にエリア内右でボールを受けた森が右足シュートを放ったが、ここは得点することができない。

 すると、87分に再び川崎が追加点を奪う。途中出場のエドゥアルド・ネットが前線の田坂へタテパスを入れると、田坂が森本とのワンツーで突破。フリーでエリア内に進入し、ゴール右下にボールを流し込んで4ゴール目を奪った。このまま川崎が4-0で甲府を下して今季初の連勝。無敗のまま勝点を10に積み上げて単独首位を維持している。

 次節、甲府は4月1日に敵地で浦和レッズと、川崎は4月2日にホームで鹿島アントラーズと対戦する。

【スコア】
ヴァンフォーレ甲府 0-4 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 9分 中村憲剛(川崎フロンターレ)
0-2 25分 森谷賢太郎(川崎フロンターレ)
0-3 66分 中村憲剛(川崎フロンターレ)
0-4 87分 田坂祐介(川崎フロンターレ)

Pickup

Jリーグ順位ランキング

広島
40pt
鹿島
37pt
G大阪
31pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
42pt
C大阪
40pt
松本
38pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
栃木
27pt
大分
26pt
Jリーグ順位をもっと見る