サッカーゲームキングジャック6月号
2016.03.18

【予想スタメン】昇格組の磐田と福岡が激突…昨季3度の対戦は福岡が完封で全勝

clipboard0-horz
得点が期待される磐田のジェイ(左)と福岡のウェリントン(右) [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ジュビロ磐田 アウェー2連戦は1勝1分、ジェイを筆頭に攻撃陣が結果を残す

 浦和レッズ、柏レイソルとの敵地2連戦はいずれもボール支配率で下回ったが、粘り強く勝ち点を積み上げた。強豪相手に1勝1分で乗り切り、満を持してホームに戻る。

 ただ、シュート数の少なさは気になるところ。開幕戦の名古屋グランパス戦で記録した9本を最高に、浦和戦が8本、柏戦が7本と減少傾向。名波浩監督は15本を目安に掲げているが、未だに二桁に達していない。ここ3試合よりも主導権を握る時間が長くなると予想されるだけに、ボールを動かしながらシュートチャンスを多く生み出す必要がありそうだ。

 福岡には昨季の公式戦3試合ですべて完封負けした。相手の手堅い守りを崩せるか。守備は粘り強さがあるが、3試合で1度も無失点試合がない。福岡との昨年4月のホーム戦や8月の天皇杯では、圧倒的に押し込みながらも一発に泣いた。相手はカウンターやセットプレーを得意としているだけに、昨季と同じ過ちを繰り返さないか心配だ。

 一方で、ここ2試合で4得点と、少ない好機をものにする決定力は光る。攻撃陣を牽引するのは、エースのジェイ。左足のけがから復帰した浦和戦に続き、柏戦でも得点を記録。右のサイドアタッカー太田吉彰も好調で、浦和戦で今季チーム初得点を挙げ、柏戦でも精度の高いキックで2得点を演出している。

 同じ昇格組の福岡を相手に、求められるのは勝ち点3。開幕戦はホームで名古屋に敗れた。ヤマハスタジアムで3季ぶりのJ1勝利を挙げ、サポーターとともに喜びを分かち合うことができるか。(totoONE編集部)

■磐田予想スタメン
4-2-3-1
GK
カミンスキー
DF
櫻内渚
大井健太郎
森下俊
中村太亮
MF
上田康太
宮崎智彦
太田吉彰
小林祐希
アダイウトン
FW
ジェイ

■アビスパ福岡 最下位転落も、好相性の磐田戦で今季初白星を狙う

 ともにJ1復帰組。磐田は第2節で浦和から勝ち点3を奪い、前節は逆転されながらもドローに持ち込むなど粘り強く勝ち点を重ねているが、福岡は1分2敗で最下位に転落した。勢いでは磐田に分がありそうだが、福岡にとって磐田は、昨季の公式戦で3戦全勝した相性の良い相手。今季初勝利がほしい福岡にとっては、好印象のままアウェーに乗り込むことができる。

 昨季、福岡は磐田とのリーグ戦2巡目の対戦で、3バックから4バックにフォーメーション変更して勝利し、その後は両システムを併用するスタイルで昇格への勢いをつけた。昨季と同じように、今節も福岡は3バックから4バックに変更し、磐田対策を講じると見られる。それに伴い、メンバーにも入れ替えが生じる予想で、この戦術がどう影響するかがポイント。名古屋時代にベストイレブンに選出された経験を持つダニルソンや、大分トリニータから移籍してきたサイドアタッカーの為田大貴らが初先発を果たす可能性もある。

 前節の福岡は、浦和に主導権を握られすぎて、持ち味である前への推進力を生かすことができなかった。決定機もウェリントンのヘディングシュートがポストに当たった1回のみ。守備に人数をかけ過ぎて、全体的に重心が後ろにあるため、特にサイドで優位に立てない点が課題だ。これをフォーメーションとメンバー変更によってどう修正するかが勝敗を左右する。サイドを起点に、磐田のディフェンスライン裏のスペースへ侵入したい。(新甫條利子)
 
■福岡予想スタメン
4-4-2
GK
イ・ボムヨン
DF
中村北斗
濱田水輝
田村友
亀川諒史
MF
城後寿
末吉隼也
ダニルソン
為田大貴
FW
ウェリントン
金森健志

Jリーグ順位ランキング

川崎F
31pt
鹿島
30pt
浦和
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
32pt
町田
28pt
C大阪
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
相模原
21pt
秋田
21pt
鹿児島
20pt
Jリーグ順位をもっと見る