EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.03.18

【予想スタメン】ACLで待望の白星…勢いを取り戻した王者広島がリーグ初勝利を目指す

during the AFC Champions League match between Sanfrecce Hiroshima and Buriram United on March 16, 2016 in Hiroshima, Japan.
16日のACLでは広島の若手が躍動した [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■大宮アルディージャ 前節のG大阪戦で今季初黒星を喫するも、攻撃面は改善の兆し

 開幕戦から2戦連続完封勝利を収めた大宮は、首位に立っていた。しかし、第3節のガンバ大阪戦で初の黒星を喫してしまう。前半は粘り強く戦ったが、ハーフタイムでキャプテンのDF菊地光将が途中交代。G大阪戦の前日練習で別メニュー調整となっていたキャプテンは、広島戦の出場も難しそうだ。その菊地が抜けた後半開始早々にセットプレーからゴールを許し、今季初失点。さらにネイツ・ペチュニクの寄せが甘くなったところを遠藤保仁にスルーパスを通され、追加点を許した。相手のキーマンに対するマークが甘くなったのは反省点であり、今一度集中力を取り戻す必要があるだろう。

 この初黒星で順位を下げたものの、今後につながっていく要素も少なくない。開幕戦のFC東京戦では、ほとんどの時間を守り抜くことになったが、徐々に攻撃ができる時間帯も増えてきている。第2節のホーム開幕戦となった柏戦では、ドラガン・ムルジャが2ゴールを記録。リードしてからは、相手を引き出してカウンターを狙うしたたかさも見せた。

 また、G大阪戦でもリードをされてから攻撃を仕掛け、家長昭博も今季初となるゴールを決めた。攻撃のカギを握る2トップにゴールが生まれたことに加え、攻撃にバリエーションも見せている。さらに、増えたのは攻撃の選択肢だけではない。開幕前に負傷していた江坂任も負傷から復帰して渋谷洋樹監督の選択肢も増えている。決して後ろ向きにならず、ホーム2連勝を目指したい。(totoONE編集部)
 
■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
塩田仁史
DF
和田拓也
福田俊介
河本裕之
沼田圭悟
MF
ネイツ・ペチュニク
岩上祐三
横山知伸
泉澤仁
FW
ムルジャ
家長昭博

■サンフレッチェ広島 ACLで若手3人が躍動し、激化した前線のレギュラー争いに注目

 タイの絶対王者であり、昨年のG大阪が大苦戦したブリーラム・ユナイテッドを相手に、3-0と完勝してACL初勝利を挙げた。この事実は、間違いなくJリーグでもプラスの効果をもたらすはずである。期待の浅野拓磨が2得点を挙げ、野津田岳人が3得点に絡み、宮吉拓実が素晴らしいスルーパスで才能の片鱗を見せつけた。若者3人が見事に結果で力を示したことで、前線の競争はさらに激化。佐藤寿人、柴崎晃誠、ピーター・ウタカのトリオも湘南戦では躍動し、創造性豊かなコンビネーションを表現したが、前線は結果が生命線。大宮戦の出来次第では地殻変動も起こりかねない。

 実際、最終ラインとサイドについては、メンバーが変更となる可能性もある。今季初の完封を達成したトリオをそのまま、未だ勝利なしのJリーグで起用しても、中3日の今節であれば違和感はない。サイドでも、ブリーラム戦でともに先発した清水航平と柏好文のどちらかが、大宮戦でもスタートから出場することになるが、「結果」という意味ではACL3試合で2得点1アシストを決めている清水が一歩リード。森崎和幸が欠場濃厚なボランチの位置でも、ACLで完封劇に貢献した丸谷拓也の起用が有力だろう。

 2014年の対戦では、3点差を追いつかれてしまった。2013年にはGK増田卓也が当時大宮に所属していた富山貴光と接触し、救急車で運ばれる事故が起きた。2年続けて“何かが起きた”NACK5での大宮戦。気持ちを引き締めて臨まねばならない。(紫熊倶楽部 中野和也)
 
■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
林卓人
DF
水本裕貴
千葉和彦
佐々木翔
MF
ミキッチ
青山敏弘
丸谷拓也
清水航平
ピーター・ウタカ
柴崎晃誠
FW
佐藤寿人

Pickup

Jリーグ順位ランキング

広島
40pt
鹿島
37pt
G大阪
31pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
42pt
C大阪
40pt
松本
38pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
栃木
27pt
大分
26pt
Jリーグ順位をもっと見る