2016.03.18

【予想スタメン】ホーム初白星を狙う名古屋、攻撃陣を牽引する松田力の活躍が勝利のカギに

Generated by  IJG JPEG Library
川崎戦でゴールを決めた松田 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■名古屋グランパス 今季ホーム初白星を目指し、ここ5年未勝利の仙台戦に臨む

 瑞穂と豊田の“二都物語”を宣言した名古屋にとっては、3度目の開幕戦となる。アウェーでジュビロ磐田とリーグ開幕戦を戦い、前節は豊田でホーム開幕戦を迎えた。今度は聖地、パロマ瑞穂スタジアムでの今季初戦である。小倉隆史GM兼監督が現役時代を戦った思い出のスタジアムで迎え撃つのは、ここ5年でリーグ戦勝利のない仙台だ。昨季はリーグ2戦ともに黒星を喫しており、決して相性の良い相手とは言えない。

 さらに、今週は主力のコンディションに不安要素がある。シモビッチは開幕戦からの疲労が右ハムストリングスに表れ、水曜日には病院で検査を受けた。結果を受けて本人が「大丈夫だ」と練習への復帰を明言したが、依然として状況は不明。また、古林将太も週の頭に高熱を出して火曜日の練習を欠席。翌日には元気に復帰したが、コンディションを一度崩した影響は免れないだろう。

 だが、チームは前節の川崎フロンターレ戦からの反省を生かし、ポジティブな取り組みを続けてきている。ここ3試合はすべて守備の面で序盤から劣勢に陥っていることから、もう一度自分たちの基本コンセプトを確認。それは、負けた前節の後半には形になっていた「中盤でブロックを作って、前に出る守備」(大武峻)であり、今週はその意識づけに多くの時間を割いてきた。また、大武が回復してきたことで、ようやく本職のセンターバックがベンチにも入れるようになり、戦力的にも安定感は増した。

 川崎戦でゴールを決め、評価がうなぎ上りの松田力のような存在もおり、まだ勢いはある。連敗を避けてホーム初勝利を、という選手たちのモチベーションも頼もしいばかりだ。(今井雄一朗)
 
■名古屋予想スタメン
4-2-3-1
GK
楢﨑正剛
DF
矢野貴章
オーマン
竹内彬
安田理大
MF
イ・スンヒ
田口泰士
古林将太
松田力
永井謙佑
FW
シモビッチ

■ベガルタ仙台 昨季大量失点の経験を糧に、“連勝の壁”を破りたい

 仙台にとって今季2度目となる連勝へのチャレンジだ。苦しんだ昨季は、リーグ戦で一度しか連勝できなかったが、今季で躍進するためにも“連勝の壁”を早い段階で破りたい。前節は連勝中の鹿島アントラーズを破り、約7カ月ぶりのホームゲーム勝利を記録した。これで得られる勢いは大きいだけに、連勝につなげたいところだ。

 名古屋戦で注意したいのは、アウェーの環境、特に気温差の対応だ。今の時期は、仙台と名古屋との気温差は大きく、昨年3月にナビスコ杯で対戦した時には、立ち上がりの動きが鈍く、45分間で3失点を喫した。その苦い経験を繰り返してはならない。

 また、仙台は開幕からの3戦ですべて1得点。1-0の試合が二つあることから、守備で踏ん張っているとも言えるが、確実に勝ち点3を得るためには複数得点がほしい。特に、今季まだゴールのないウイルソンや奥埜博亮といったFW陣に期待したいところ。なかでも奥埜は、昨季リーグで2勝した名古屋戦で、2試合ともに得点を記録している。

 攻撃陣では、途中投入が予想されるメンバーが調子を上げている。13日に開催されたJサテライトリーグの鹿島戦では、金園英学や西村拓真がゴール。クロスが得意な水野晃樹も、練習を重ねて前線とのホットラインを作ろうとしている。また、負傷から復帰したハモン・ロペスも前節で途中出場。彼らはそれぞれの持ち味を生かし、名古屋のゴールに襲いかかるだろう。(totoONE編集部)
 
■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
関憲太郎
DF
大岩一貴
平岡康裕
渡部博文
石川直樹
MF
金久保順
富田晋伍
三田啓貴
梁勇基
FW
奥埜博亮
ウイルソン

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る