2016.03.14

C大阪U-23DF森下怜哉、J3最年少出場記録を更新…17歳4カ月12日でJデビュー

MANCHESTER, ENGLAND - NOVEMBER 15: Reiya Morishita of Japan during the U19 International friendly match between England and Japan at Manchester City Academy Stadium on November 15, 2015 in Manchester, England. (Photo by Dave Thompson/Getty Images)
U-18日本代表選出経験も持つ森下怜哉[写真]=Getty Images
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 Jリーグは13日、セレッソ大阪U-23DF森下怜哉が「17歳4カ月12日」でJ3リーグ戦最年少出場記録を更新したことを発表した。

 C大阪U-18に所属する森下は2月26日に、下部組織所属のままJリーグの公式戦に出場可能な2種登録選手として登録されていた。

 すると、13日に行われた2016明治安田生命J3リーグ開幕戦のグルージャ盛岡戦で、今季からJ3に参戦するC大阪U-23のメンバーとして先発出場。チームは清原翔平と米澤令衣の得点で、2-0の勝利。森下はフル出場を果たして、完封勝利に貢献している。

 なお、これまでは杉森考起(当時JリーグU-22選抜)が「17歳4カ月26日」でJ3最年少出場記録を保持していた。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
34pt
神戸
29pt
川崎F
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る