2016.03.12

劇的同点OG演出も悔い残る広島FW浅野「落ち着いてネットを揺らしたかった」

浅野拓磨
土壇場の同点ゴールを演出したFW浅野拓磨 [写真]=春木睦子
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第3節が12日に行われ、サンフレッチェ広島はホームで湘南ベルマーレと対戦し、2-2で引き分けた。

 リーグ戦未勝利で迎えた第3節、広島はこの試合でも苦戦を強いられた。湘南のパウリーニョに先制点を奪われると、ピーター・ウタカの得点で追いついたものの、再び湘南の藤田祥史のゴールでリードを許した。1-2のまま後半アディショナルタイムに突入し、誰もが広島の2敗目を予想したが、最後にドラマは待っていた。

 ラストワンプレーとなった後半アディショナルタイム5分、青山敏弘が自陣からロングボールを送り、前線に上がっていた千葉和彦がこれを競り合う。エリア内でこぼれ球を拾った浅野拓磨が右足でシュート性のボールを入れると、相手DFに当たったボールがゴールネットを揺らした。

 同点ゴールを呼び寄せたFW浅野は、「オウンゴールだったので納得はいかないですけど…全然いかないです(苦笑)」と話しながらも、土壇場で勝点1をもぎ取ったことを喜んだ。それでも「あそこはちゃんと落ち着いてネットを揺らしたかった」と決めきれなかった悔しさが残ったようだ。

 ゴール前にはMF柴崎晃誠も詰めており、浅野も触れたかどうかを確認したというが、柴崎の答えは残念ながら「触ってない」だった。「どうせやったら晃誠さんに触って欲しかった」と語る浅野は、柴崎に「『触った』って言っておいてくださいよ(笑)」と声をかけたという。

 広島は16日にホームで行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第3節でブリーラム・ユナイテッド(タイ)と対戦する。ACLでも勝たなければいけない試合が続くが、「まずは目の前の試合に対して『絶対に勝つ』という気持ちで良い準備をしたい。JリーグやACLがありますが、どの試合も自分にとっては変わらない1試合。次勝つことによってチームの雰囲気が変わったり、勢いもつくと思うので、まずは目の前の試合で1勝という気持ちで臨みたい」と1試合1試合をしっかりと勝っていくことが重要だと話した。

 今季は得意の“ジャガーポーズ”を「FUJI XEROX SUPER CUP」でしか見せられていない。これについては「まずはチームの勝利。次に自分が得点して、チームの勝利に貢献したいという気持ちはある。見てくれている人たちも(ジャガーポーズの)パフォーマンスを期待してくれていると思うので、みなさんの前でできるように、ゴールと勝利を届けられたら」とホームのファン・サポーターの前で披露することを誓った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
チェルシー
25pt
マンチェスター・U
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
ライプツィヒ
23pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
82pt
長崎
77pt
福岡
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
57pt
秋田
55pt
沼津
54pt
Jリーグ順位をもっと見る