サッカーゲームキングジャック6月号
2016.03.12

川崎、憲剛弾で打ち合い制し唯一無敗で首位浮上…大久保がJ1最多タイ158点目

中村憲剛
値千金の決勝ゴールを奪った中村憲剛 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第3節が12日に行われ、川崎フロンターレと名古屋グランパスが対戦した。

 川崎は、開幕戦で昨季王者のサンフレッチェ広島に1-0で勝利。好スタートを切ったが、第2節は合計8得点が生まれた乱打戦の末に、湘南ベルマーレと引き分けに終わった。今節は今季ホーム初白星を狙う。先発メンバーには、大久保嘉人や中村憲剛らが入った一方で、開幕2試合連続ゴールを挙げていた小林悠はインフルエンザで欠場。また大島僚太が先発出場でJ1通算100試合出場を達成した。一方の名古屋も1-0でジュビロ磐田との開幕戦を制したが、第2節は広島と1-1の引き分け。同じく開幕戦以来となる2試合ぶりの勝利を目指す。スタメンには2試合連続ゴールのシモビッチに加え、永井謙佑や田口泰士らが名を連ねた。

 試合は6分、ホームの川崎が幸先良く先制に成功する。エウシーニョがペナルティエリア内中央でこぼれ球を拾い、左足を振り抜いてゴール左隅に決めた。主導権を握られていた名古屋だが、26分に試合を振り出しに戻す。左サイドの古林将太からのパスを中央のシモビッチが収める。走り込んだ松田がその落としを受けてエリア内右に侵入すると、コースを狙った股抜きシュートを枠の左隅に沈めた。その後は膠着状態が続き、1-1で前半を折り返す。

 川崎は狩野健太を下げて森本貴幸を投入し、後半を迎えた。すると53分、大久保が右サイドから鋭いグラウンダーのクロスを入れる。ファーサイドの森本がワントラップから右足を振り抜くが、GK楢﨑正剛の好セーブに阻まれた。対して名古屋は55分、中盤でボールをカットすると、永井がスピードにのったドリブルでエリア内左に侵入し、右足シュートを放つが、GKチョン・ソンリョンに弾き出された。

 62分、川崎は大島がエリア手前中央で思い切りよく右足を振り抜くが、強烈なミドルシュートはクロスバー直撃。すると、ピンチを凌いだ名古屋が直後の63分に逆転ゴールを奪う。左サイドでパスを受けた永井が、中央に切り込んで右足シュート。相手GKチョン・ソンリョンも動けず、ゴール右隅に突き刺さった。

 リードを許した川崎だったが、75分に追いつく。中村が左サイドからクロスを供給。ファーサイドに飛び込んだ大久保が頭で押し込み、ゴールネットを揺らした。大久保は、自身J1通算158ゴール目となり、広島FW佐藤寿人の持つJ1最多得点記録に並んだ。さらに84分、スローインの流れから味方の落としを受けた中村が、エリア手前右で右足を振り抜き強烈なシュートを枠の左隅に突き刺した。中村のJ1通算50得点目で川崎が勝ち越しに成功した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、川崎が3-2で打ち合いを制し、今季ホーム初白星。2勝1分で唯一無敗をキープし、首位に浮上した。一方の名古屋は今季初黒星となった。

 川崎は次節、19日にアウェーでヴァンフォーレ甲府と対戦。名古屋は同日にベガルタ仙台をホームに迎える。

【スコア】
川崎フロンターレ 3-2 名古屋グランパス

【得点者】
1-0 6分 エウシーニョ(川崎)
1-1 26分 松田力(名古屋)
1-2 63分 永井謙佑(名古屋)
2-2 75分 大久保嘉人(川崎)
3-2 84分 中村憲剛(川崎)

Jリーグ順位ランキング

鹿島
30pt
川崎F
28pt
浦和
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
32pt
町田
28pt
C大阪
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
相模原
21pt
鹿児島
20pt
秋田
20pt
Jリーグ順位をもっと見る