2016.03.12

柿谷が技ありヒール弾で2戦連発…C大阪、ホーム開幕戦を制し3連勝

柿谷曜一朗
先制ゴールを喜ぶC大阪FW柿谷曜一朗 [写真]=白井誠二
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J2リーグ第3節が12日に行われ、セレッソ大阪とザスパクサツ群馬が対戦した。

 今季開幕から2試合とも1-0で連勝しているC大阪。3戦目にしてホーム開幕戦となった今節は、同じく2連勝の群馬との対戦となった。C大阪は、前節に復帰後初ゴールを挙げた柿谷曜一朗、開幕戦で移籍後初得点を決めた山村和也らがスタメン入り。一方の群馬は、開幕戦で2ゴールを挙げた大卒ルーキーの瀬川祐輔、今季クラブ第1号弾を決めたキャプテンの坪内秀介らが先発メンバーに名を連ねた。

 C大阪は14分、柿谷からのパスを受けた杉本健勇が、ペナルティエリア手前右からミドルシュートを放つが、枠の右に外れた。群馬は17分にアクシデント発生。一柳夢吾が負傷したため、石川大徳との交代を強いられた。攻勢に出るC大阪は30分、右サイドでのパス交換から、中央のブルーノ・メネゲウが折り返しを右足で合わせるが、シュートは相手GK清水慶記にキャッチされた。一方の群馬は35分、松下裕樹がエリア外から強烈なシュートを放つと、枠の左下隅を突くが、GKキム・ジンヒョンに阻まれた。

 前半終盤に入って立て続けにチャンスを作ったC大阪。41分、ブルーノ・メネゲウがエリア内左に侵入してマイナスの折り返し。中央に走り上がっていた山村がダイレクトでシュートを放つが、クロスバー上に外れる。45分には、ブルーノ・メネゲウのパスを受けたエリア手前中央の柿谷が、ダイレクトで左足を振り抜くが、シュートは枠を捉えられなかった。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入って59分、エースの得点でC大阪が先制に成功する。ブルーノ・メネゲウからのクロスをエリア内右のリカルド・サントスが頭で落とす。それを受けた柿谷が、右足でトラップすると、左足のヒールで蹴り込んでゴールネットを揺らした。リードを得て勢いに乗るC大阪は、ソウザがエリア手前右で右足を振り抜くが、強烈なシュートはGK清水にセーブされる。こぼれ球に反応したリカルド・サントスがDFを1人かわしてエリア内右からシュートを放つが、これも清水に阻まれた。

 さらにC大阪は72分、松田陸がエリア内右に侵入してシュートを放つが、GK清水に弾き返される。そのこぼれ球をゴール前の杉本がヘディングで合わせるが、素早く戻ったGK清水にまたもセーブされた。群馬は75分、高橋駿太が舩津徹也のスルーパスでエリア内左に抜け出し、左足シュートを放つが、GKキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれた。

 81分、C大阪はリカルド・サントスを下げて、澤上竜二を投入。大卒ルーキーの澤上はプロデビューを飾った。試合はこのままタイムアップ。C大阪が開幕から3試合連続となる1-0でホーム開幕戦を制し、3連勝を収めた。一方の群馬は2連勝同士の対決を落とし、今季J2初黒星となった。

 C大阪は次節、20日に敵地でモンテディオ山形と対戦。群馬は同日にカマタマーレ讃岐をホームに迎える。

【スコア】
セレッソ大阪 1-0 ザスパクサツ群馬

【得点者】
1-0 59分 柿谷曜一朗(C大阪)

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
63pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る