2016.03.12

昨季王者・広島がJ1開幕3戦未勝利…土壇場のOGに救われて劇的ドロー

浅野拓磨
湘南戦の土壇場で同点ゴールを奪った広島。なんとか引き分けに持ち込んだ [写真]=西田泰輔
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第3節が12日に行われ、サンフレッチェ広島と湘南ベルマーレが対戦した。

 昨季J1王者の広島は、ここまで1分1敗で未だ白星なし。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も含む公式戦では4試合勝利から遠ざかっている。今節は同じく1分1敗の湘南をホームに迎えての一戦。両チームとも今季J1初白星を狙う。

 広島は前節からスタメンに変更はなく、この日34歳の誕生日を迎えた佐藤寿人、青山敏弘、ピーター・ウタカ、宮原和也らが先発出場。7日〜9日に行われた日本代表候補合宿に参加した塩谷司もスタメン入り、浅野拓磨はベンチスタートとなった。対して湘南は前節から2名変更し、石川俊輝、キリノに代わって奈良輪雄太、端戸仁が先発メンバー入り。高山薫は先発出場でJ1通算100試合出場を達成した。

 前節、自身J1通算158ゴールを挙げてJ1通算最多得点記録更新した佐藤は、ホームの観客に「寿 158」のコレオグラフィーとともに迎えられ、キックオフ前にセレモニーも行われた。

 試合は、立ち上がりから湘南が積極的にプレスをかける一方で、広島がそれをいなしつつ、攻撃のリズムを作る。広島は27分、ミキッチが右サイドでDFをかわしてクロスを供給。ファーサイドのウタカがヘッドで合わせるが、わずかに枠の左に外れた。45分には、ウタカがペナルティエリア内中央でシュートを放つが、GK村山智彦にセーブされる。そのこぼれ球を拾った柏がエリア内左からシュートを放つが、枠を捉えられなかった。

 前半をスコアレスで折り返すと、広島は左足を痛めた佐藤に代えて茶島雄介を投入し後半を迎えた。すると開始直後、湘南が一瞬の隙を突いて貴重な先制点を奪う。エリア手前左でパスを受けたパウリーニョが左足を振り抜くと、ブレ球の豪快なシュートはGK林卓人の手を弾いて、ゴールネットに突き刺さった。

 反撃したい広島は49分、柏が左サイドで相手DFをかわしてクロス。中央のウタカが頭で合わせるが、シュートは枠の左に外れた。67分、広島が試合を振り出しに戻す。右CKの際に塩谷がエリア内でアンドレ・バイアに倒されてPKを獲得。キッカーのウタカが落ち着いてゴール右隅に沈めて同点とした。

 しかし71分、湘南がすぐさま勝ち越しに成功する。高い位置でミキッチのボールをカットすると、最後はエリア内に抜け出した藤田祥史が左足で流し込んで、ゴールネットを揺らした。湘南は76分、菊池大介を下げて藤田征也を投入。再び1点差をつけられた広島は78分にミキッチを下げて清水航平をピッチに送り出す。

 広島は80分、左CKでファーサイドのウタカが右足で合わせるが、相手DFに詰められてシュートは枠を捉えられなかった。82分には負傷した茶島に代えて浅野を入れて、同点ゴールを狙う。87分には、味方の落としをエリア手前左の清水がダイレクトでボレーシュートを放つが、クロスバー上に外れた。

 最後まで猛攻を仕掛けた広島だが、得点を奪うことはできず、後半アディショナルタイムに突入。このまま試合終了かと思われた95分、エリア内で浅野が右足を振り抜くと、シュートは相手選手に当たり、ゴールに吸い込まれた。直後に終了のホイッスルが鳴り、広島が土壇場で2-2の引き分けに持ち込んだ。広島は、J1開幕3試合未勝利で、公式戦では5試合勝利なし。一方の湘南は、今季J1初白星が目前で手中から滑り落ちた。

 広島は、16日にホームで行われるACLグループステージ第3節でブリーラム・ユナイテッド(タイ)と対戦。20日に行われるJ1ファーストステージ第4節で大宮アルディージャとのアウェーゲームに臨む。湘南は次節、20日にホームで浦和レッズと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 2-2 湘南ベルマーレ

【得点者】
0-1 46分 パウリーニョ(湘南)
1-1 67分 ピーター・ウタカ(PK)(広島)
1-2 71分 藤田祥史(湘南)
2-2 90+5分 オウンゴール(藤田征也)(広島)

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る