2016.03.10

五輪出場に黄信号か…U23代表の鈴木武蔵と松原健が3カ月の負傷離脱

鈴木武蔵
1月26日のU-23イラク戦に出場したFW鈴木武蔵 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アルビレックス新潟は10日、FW鈴木武蔵、DF松原健、GK黒河貴矢の負傷状況について発表した。

 鈴木は2月28日の練習中に負傷。検査の結果、左大腿四頭筋肉離れで全治約3か月と診断された。松原は右ひざ外側半月板の手術を東京都内の病院で行い、全治約3か月の診断。黒河は以前から痛めていた右ひざの手術を2月17日に行い、全治約2か月と見込まれている。

 1月に行われたリオデジャネイロ・オリンピック アジア最終予選のU-23日本代表メンバーだった鈴木と松原。5カ月後の8月に開催される本大会出場に向けて、微妙な状況となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る