2016.03.07

中村俊輔の鮮やかFK弾や小林悠のミドルらが選出/J1・1st第2節ノミネートゴール

小林悠
湘南戦で鮮やかなミドルシュートを決めた小林悠(右) [写真]=清原茂樹
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは7日、2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第2節のノミネートゴールを発表した。

 今節のノミネートゴールには、横浜F・マリノスの中村俊輔がアビスパ福岡戦で決めた鮮やかな直接FKなどが選ばれている。これで直接FKでのゴールはJ1通算21本目。自身の持つJ1最多記録を更新し、同17本を記録している遠藤保仁(ガンバ大阪)との差を広げている。

 その他に、川崎フロンターレのFW小林悠が湘南ベルマーレ戦で決めた絶妙なトラップからのミドルシュートとヴィッセル神戸のMF相馬崇人がアルビレックス新潟戦で決めたロングシュートが選出された。

 J1ファーストステージ第2節のノミネートゴールは以下の通り。

 小林悠(川崎フロンターレ)3月5日 湘南ベルマーレ戦(45分)
 相馬崇人(ヴィッセル神戸)3月5日 アルビレックス新潟戦(45分)
 中村俊輔(横浜F・マリノス)3月5日 アビスパ福岡戦(82分)

 各節のノミネートゴールは、インターネットでのファン・サポーターによる一般投票で決定。各節ごとに上位3ゴールが選出される。また、スポーツ・サッカーメディア関係者からの推薦によるノミネートゴールも選ばれ、全ノミネートゴールからJリーグ選考委員が月間ベストゴールを決める。

 なお、月間ベストゴールを対象に、表彰選考委員会により最優秀ゴール賞が決定され、12月に開催する2016Jリーグアウォーズで発表・表彰される。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る