2016.03.06

磐田、ジェイの決勝ゴールで今季初白星…浦和は新婚・柏木の同点弾実らず

iwata
太田が先制点を奪取。名波監督やベンチメンバーと一緒になって喜んだ [写真]=清原茂樹
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第2節が6日に行われ、浦和レッズとジュビロ磐田が対戦した。

 敵地で迎えた開幕節で柏レイソルに競り勝った浦和は、2日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節の浦項スティーラース戦で主力選手を温存。同試合は0-1で敗れたが、うまくターンオーバーを使い、リーグ戦では連勝スタートを切りたいところ。先発メンバーは、柏戦から1名を変更。FW李忠成に代わってFWズラタンが起用され、ACLを欠場したDF宇賀神友弥、DF関根貴大、MF柏木陽介、FW武藤雄樹らがスタメンに名を連ねている。一方、3年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた磐田は、開幕節で名古屋グランパスに敗戦。今季初白星をかけて臨む今節の先発は名古屋戦と同じ11人が起用され、ケガで離脱していたFWジェイがベンチ入りを果たしている。

 最初にチャンスを作ったのは浦和。9分、柏木のスルーパスでエリア内右に抜け出したズラタンが右足で狙ったが、DFに当たったシュートは枠の上に外れた。23分には右CKにゴール前の興梠慎三が頭で合わせたが、ここもクロスバーの上に飛んだ。

 磐田は前線から強いプレッシャーをかけ、浦和にリズムを作らせない。すると30分に相手のミスから先取点を奪う。GKへのバックパスが短くなったところに圧力をかけると、GK西川周作からエリア手前中央のDF槙野智章に渡ったボールを太田吉彰がカット。反転しながら左足で放ったシュートがゴール右に吸い込まれた。

 失点直後の35分、浦和は柏木からスルーパスを受けた右サイドの関根がグラウンダーで折り返し、ゴール前で興梠が合わせたが、ここはGKに阻まれ得点とはならず、試合は1-0で前半を折り返す。

 後半に入り56分、磐田が決定機を迎える。ショートカウンターを仕掛け、齊藤和樹のパスをエリア内左で受けたアダイウトンがDFをかわして右足でシュート。しかしここはGK西川の好セーブに阻まれる。さらに、こぼれ球を齊藤が右足で蹴り込んだが、再び西川に止められてしまった。

 磐田は69分、アダイウトンに代えてジェイを投入。一方の浦和も70分に関根を下げて永田充を送り出した。

 すると1-0のまま終盤に入った78分、浦和が同点に追いつく。エリア手前で細かくパスを繋ぐと、ゴール前から柏木が左足のシュートをゴール右隅に沈めた。3月3日に結婚を発表していた柏木のゴールで浦和が試合を振り出しに戻した。

 ここから逆転を目指した浦和だったが、次のゴールを奪ったのは磐田だった。82分、エリア内左で粘った小林祐希が左足で折り返すと、ファーサイドで槙野と競り合ったジェイが倒れ込みながらシュートを押し込み、スコアは2-1となった。

 結局この得点が決勝ゴールとなり、試合は2-1で終了。磐田が敵地で浦和に競り勝ち、今季初白星を挙げた。

 次節、浦和は12日にホームでアビスパ福岡と、磐田は同日に敵地で柏と対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 1-2 ジュビロ磐田

【得点者】
0-1 30分 太田吉彰(ジュビロ磐田)
1-1 78分 柏木陽介(浦和レッズ)
1-2 82分 ジェイ(ジュビロ磐田)

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る