2016.03.04

【予想スタメン】小倉体制初勝利を飾った名古屋、公式戦3連敗中の昨季王者と激突

今季から名古屋の監督に就任した小倉隆史氏[写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■名古屋グランパス 人手不足は不安要素も、新加入選手の威力抜群

 現実的というよりは堅実に勝利を奪いにいき、完遂した開幕戦は、プレシーズンの練習からすれば意外な展開ではあった。しかし、理想と現実のバランス感覚が絶妙だった戦いぶりはむしろ好印象で、広島を相手に次はどんな戦い方を見せてくれるのかは興味深くもある。

 新加入選手たちも軒並み活躍し、特にシモビッチはJリーグを揺るがすような強力なヘディングを叩き込んで殊勲者に。「良い気分で次の試合に臨めるよ」と、メンタル的にも勢いづいてホームでのお披露目に向かう。また、アダイウトンとの一対一で体を張り、足がつって交代した古林将太と、打撲で負傷交代した矢野貴章はともに出場可能。右サイドの息の合ったコンビネーションはこれからが熟成のしどころなだけに、1試合限りで解体とならなかったのもチーム的にはほっとしただろう。

 しかし、今回の相手は昨季王者である。チームの成熟度では明らかな差があり、「今何をすべきか」という一瞬のシンキングスピードの差が、大きな結果の差を生み出すことにもなりかねない。また、好連係を築いている右サイドだが、右サイドバックの控えは実質おらず、左の安田理大が代役を務められるといったところで、人手不足は依然として続く。センターバックも同じく大武峻が未だ別メニューであり、もしアクシデントがあればイ・スンヒを下げるぐらいしか補填の方法が見当たらない。苦しい戦いになり、疲労や負傷がチームににじり寄った時、指揮官とピッチ内の選手たちがどのような決断を下すか。広島は磐田の数倍タフで強力な相手であるだけに、チーム全体でハードワークを怠らず、11人の連動感で不安要因をかき消したいところだ。(今井雄一朗)

■名古屋予想スタメン
4-2-3-1
GK
楢崎正剛
DF
矢野貴章
オーマン
竹内彬
安田理大
MF
イ・スンヒ
田口泰士
古林将太
矢田旭
永井謙佑
FW
シモビッチ

■サンフレッチェ広島 代役宮原の出来が試合を左右、泥沼を抜け出せるか

 ゼロックススーパーカップの優勝の感激は、もはや遠い過去のこと。その後のACLで連敗を喫し、J1リーグでも川崎に0-1で敗戦。昨年のJ王者は現在、公式戦3連敗中の泥沼にいる。しかも、昨年まで圧倒的な強さを誇った「先制後のゲーム」でACLでは逆転を許した。たとえ、若い選手たちが中心であっても、最終ラインには経験豊富なタレントが並んでいただけに、衝撃は隠しきれない。圧倒的に試合を支配されていたのであれば諦めもつくが、3敗とも一瞬の隙をつかれての苦杯だけに、悔しさは増幅する。

 さらなる打撃は、森崎和幸の負傷だ。キャンプで傷めた左太もも裏の痛みが再発。名古屋戦での出場が難しくなった。代役としては宮原和也の起用が有力視されているが、森崎和と比較すると、さすがに経験値が足りない。広島の課題である「隙を許さない」というプレーをもっとも必要とされるポジションだけに、宮原にかかる責任は重くなる。ただ、能力は誰もが認める高みにあり、J1でもストッパーとして豊田陽平(鳥栖)を抑えきったこともある。足の捻挫によってACLを回避した青山敏弘も元気にトレーニングしており、彼のサポートを借りながら戦えばいい。

 ゼロックススーパーカップ以来最長となる中4日の調整期間を得たことは、チームにとってはポジティブな要素。失点もセットプレーから喫してはいるが、その一方でセットプレーから得点できていることも心強い。(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
林卓人
DF
塩谷司
千葉和彦
佐々木翔
MF
ミキッチ
青山敏弘
宮原和也
柏好文
ウタカ
柴崎晃誠
FW
佐藤寿人