2016.03.04

【予想スタメン】新監督の下、対策万全の鳥栖…好調2トップは鹿島ゴールを破れるか

toyoda
開幕戦でゴールを決め好調ぶりを発揮している豊田陽平[写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■鹿島アントラーズ 新戦力の加入で選手層を高めた鹿島、ホームでの勝率が唯一の不安か

 開幕戦のアウェー、ガンバ大阪戦は1-0で勝利を収め、白星スタートを飾った。新加入選手8人が加わり、チームに大きな変化があった今季、是が非でも欲しかった勝ち点3。これを手にできたことでチームの一体感は確実に高まったと言える。

 第2節の鳥栖戦でも先発メンバーを変更しないと見られる。鳥栖のハードワークに対し、時間帯、状況に応じて、様々な判断が求められる試合になるだろう。ただ、どんな試合展開になっても、今の鹿島なら対応できる。それだけベンチ組が充実している。G大阪戦でゴールを決めた19歳鈴木優磨は決定力抜群。ジョーカーとしての地位を築き始めた。また、カイオはすでにJリーグでは頭一つ抜けた存在で、スピード、ドリブルで局面を打開することができる。いずれも先発組と遜色ない力を持っており、二の矢、三の矢で勝負できるのは、今季の鹿島の強みと言える。

 しかし、G大阪戦後に中村充孝は「反省です」と口にした。ゴール前の精度に納得できなかった様子だ。たしかに大きな1勝ではあったが、優勝を目指しているため、満足している選手は誰もいない。ファン・ソッコは、かかとの痛みで欠場するが、開幕戦で完封に貢献した植田が出場するため、大きな影響はない。あえて、マイナス材料を挙げるとするならば、昨季ホームで17戦中8勝しかできなかったというデータくらいか。(totoONE編集部) 

■鹿島予想スタメン
4-4-2
GK
曽ヶ端準
DF
西大伍
植田直通
昌子源
山本脩斗
MF
遠藤康
小笠原満男
柴崎岳
中村充孝
FW
金崎夢生
赤崎秀平

■サガン鳥栖 豊田と岡田の好調2トップが鹿島撃破のカギを握る

 6年ぶりとなった福岡との“九州ダービー”を制して、上々の滑り出しを見せた。今節の鹿島戦で勝利を手にすれば、チームの勢いが増すことは間違いない。特に、開幕戦で豊田陽平と岡田翔平の2トップがそろってゴールを挙げたことは、チームにとって大きなプラスだ。

 今節でも、この2トップが鍵を握ることになるが、その前に鳥栖がやるべきことは鹿島の攻撃に耐え、さらに積極的なプレスをかいくぐること。守備をオーガナイズするGK林彰洋は、「今年一番の攻撃力を持ったチームだと思うので、そんな相手にどれだけ僕らが挑めるかが大事になる。相手のプレッシャーがかかった時に、逃げずに判断する勇気を持たないといけない」と話した。

 開幕戦では、ボールポゼッションしながらの攻撃や、後半の疲労が出てきてからの試合運び、セットプレーの守備が課題となった。なかでもセットプレーの守備は今週の練習で取り組み、この試合に向けた対策もしっかりと行なってきた。マッシモ・フィッカデンティ監督は、「チーム全体が同じ方向に向かっている感覚はあります」と話した。さらに今週の練習で「距離感やボールがない選手のオフ・ザ・ボールの動きを確認していました」と続けた。アウェイの鹿島戦では2勝1分1敗とこれまで相性が良い。今週取り組んできたことをしっかりとチームで表現できれば、相性の良さも加わって、強豪を食うことも十分に可能だ。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-3-1-2
GK
林彰洋
DF
藤田優人
キム・ミンヒョク
谷口博之
吉田豊
MF
岡本知剛
高橋義希
金民友
鎌田大地
MF
豊田陽平
岡田翔平

Jリーグ順位ランキング

川崎F
16pt
浦和
16pt
鳥栖
14pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る