サッカーゲームキングジャック6月号
2016.02.27

大記録に迫る川崎FW大久保…この日は不発も心配なし「すぐに抜くと思う」

大久保嘉人
広島とのJ1リーグ開幕戦に登場した大久保嘉人 [写真]=春木睦子
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ開幕節が27日に行われ、川崎フロンターレは敵地でサンフレッチェ広島に1-0の勝利を収めた。試合後、FW大久保嘉人が記者団の取材に応えた。

 大久保が広島との試合を「いつもこういう試合」だと表現するように、川崎はこの2年間のリーグ戦で4度広島と対戦し、そのうち3度にわたって1点差の接戦を落としてきた。

 負け続けていた広島相手に「今日は絶対に勝ってやる」との思いでこの試合に臨んだ大久保。今度は自分たちが1-0の勝利を収められたことについては「非常に大きな開幕戦」になったと話した。一方で、「開幕で勝って安心するんじゃなくて、次の湘南(ベルマーレ)戦に向け準備する」とすぐに次の試合へと気持ちを切り替えている様子。また、シーズン後半戦に待ち受ける広島との再戦に向けては「次にやる時はまた違ったやり方をしないと勝てない」と“シーズン・ダブル”にはチームとしての成長が必要だと語った。

 この日は広島FW佐藤寿人とともに、J1リーグ最多得点記録の更新に注目が集まっていた。156ゴールで1ゴール差の佐藤と中山雅史(現アスルクラロ沼津)を追う大久保は「(記録は)並べたら一番良かったんですが…すぐに抜くと思いますし、自分は(抜けなくて残念だとは)思っていない」とあまり意識していなかったという。

 無得点に終わった要因としては、広島を封じるために守備でも奮闘したことが挙げられる。本人も「今日は中盤みたいな感じで前の選手がもっと体を張らないと(いけない)。来週は違うサッカー。(今日のプレーは)広島のためのやり方です」と明かした。「広島には自分たちのサッカーをやらせてもらえない。でも向こうもそう。(今日、)勝てたのは大きい」と大事な1勝目になったことを喜んだ。

 川崎は3月5日に行われる次節、ホームで湘南と対戦する。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
31pt
鹿島
30pt
浦和
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
32pt
町田
28pt
C大阪
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
相模原
21pt
秋田
21pt
鹿児島
20pt
Jリーグ順位をもっと見る