2016.02.27

名古屋が新加入シモビッチの得点で磐田との開幕戦制す…小倉監督初勝利

名古屋グランパス
シモビッチ(右端)の得点で名古屋が開幕戦白星を飾った [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージの開幕節が27日に行われ、ジュビロ磐田と名古屋グランパスが対戦した。

 3シーズンぶりにJ1復帰を果たした磐田は、ホームで開幕戦を迎えることとなった。この試合では昨季J2得点王のFWジェイが欠場。前線には新加入のMF齊藤和樹、最終ラインには6季ぶりに古巣へ復帰したDF大井健太郎とジェフユナイテッド千葉から加わったDF中村太亮が入った。一方、小倉隆史GM兼監督が新指揮官に就任した名古屋は、新加入のDFオーマン、DF安田理大、MFイ・スンヒ、MF古林将太、FWシモビッチが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は序盤からホームの磐田がチャンスを作る。5分、小林祐希が左足でミドルシュートを放ったが、ここはGK楢崎正剛がなんとか止めた。続く8分、左サイドでFKを獲得すると、太田吉彰が右足でゴール前にクロスを入れる。セカンドボールをアダイウトンが合わせたが、ここもGK楢崎がなんとか防いだ。

 名古屋は押し込まれる展開が続いていたが、ワンプレーから勢いを取り戻す。29分、右サイドで矢野貴章がボールを受けると、フリーの状態からアーリークロスを入れる。これをゴール前のシモビッチがヘディングでゴール右に決め、名古屋が先制に成功した。

 追いつきたい磐田は、36分に左CKを獲得。小林のクロスからアダイウトンが頭で合わせたが、ここはゴール右に外れてしまった。このまま1-0で名古屋がリードしてハーフタイムを迎える。

 後半立ち上がり、1点を追う磐田が先にカードを切る。54分に上田康太を下げ、川辺駿をピッチに送り込んだ。

 63分、名古屋が決定機を迎える。カウンターから古林が右サイドを突破すると、ゴール前にアーリークロスを入れる。ファーサイドの田口泰士が胸トラップで受けると、オーバーラップしてきた安田へヒールパスを送る。安田が右足シュートを狙ったが、ここはわずかに枠の右下に外れてしまい、名古屋は追加点を奪うことができなかった。

 さらに69分、左サイドを永井謙佑がドリブルで突破。エリア内左からクロスを入れると、ファーサイドに古林が飛び込んだが、ここはシュートまで持ち込めなかった。

 磐田は73分、太田を下げて山本康裕を投入した。一方、名古屋は76分に矢野を下げて小川佳純をピッチに送り込んだ。

 名古屋は77分、エリア内左でこぼれ球を拾った永井が中央へパスを入れる。これを走りこんだ矢田旭が合わせたが、ここはGKカミンスキーが好セーブを見せて追加点を許さなかった。

 名古屋は右サイドバックに下がっていた古林が足を負傷し交代。81分にルーキーの高橋諒を左サイドバックに入れ、安田を右サイドバックに投入した。試合は名古屋が1点のリードを守りきり、開幕戦白星を挙げた。小倉新監督にとっても嬉しい公式戦初勝利となった。

 次節、磐田は6日に敵地で浦和レッズと、名古屋は同日にホームでサンフレッチェ広島と対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 0-1 名古屋グランパス

【得点者】
0-1 29分 シモビッチ(名古屋グランパス)

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
70pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る