2016.02.23

今季の展望を語る浦和の遠藤航「チームで結果を出すことがリオ五輪につながる」

遠藤航
新加入の遠藤はレギュラー確保へ強い意気込みを示した [写真]=©Konami Digital Entertainment
サッカー総合情報サイト

 20日、埼玉県内でサッカーゲーム『ウイニングイレブン2016』と『ナイキ』のコラボイベントに参加した浦和レッズDF遠藤航が、新天地での手応えや今シーズンの目標を語った。

 今シーズン、ユース時代から合わせて8年間を過ごした湘南ベルマーレを離れて浦和に加入した遠藤。キャンプ中に意識したこととして、「チームになじむこと、早く戦術を理解すること」を挙げ、新チームへの順応に重点を置いたという。浦和の独特な戦術への理解については、「最初はポジショニングや一つひとつのパスに難しさを感じた。でも最近は徐々に適応しつつある」とコメントしている。

 ここまで左右のストッパーやボランチなど様々なポジションで起用されている遠藤だが、「ボランチよりは3バックの方がやりやすい。ボールを持った時のコンビネーションや縦パスなどは練習試合でも出せた」と手応えを口にした。

 自身初となるAFCアジアチャンピオンズリーグでの戦いについては、「(リオデジャネイロ・オリンピック)アジア予選のチームと比べてレベルが高い。そういうチームと戦う覚悟を持っている」と、U-23日本代表での経験と照らし合わせながら、アジアの戦いへイメージをめぐらせた。

 最後に今シーズンの目標についてたずねると、「チームとしてはタイトル獲得。個人としては全試合に出るつもりで毎試合準備していきたい。このチームで結果を出し続けることがリオ五輪につながる」とレギュラーポジション確保に向けて強い意気込みを語った。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る