2016.02.20

今季初戦での移籍後初ゴールを喜ぶFWウタカ「次の試合への自信に」

TN160220_22[1]
G大阪戦でゴールを挙げて喜ぶFWウタカ [写真]=野口岳彦
サッカー総合情報サイト

「富士ゼロックススーパーカップ2016」が20日に日産スタジアムで行われ、サンフレッチェ広島はガンバ大阪が対戦し、3-1で勝利を収めた。試合後、広島のFWピーター・ウタカが取材陣のインタビューに応じている。

 広島加入後初めての公式戦はベンチからのスタートとなったウタカ。2-0と広島リードからFW宇佐美貴史のゴールでG大阪に1点差と迫られた場面での出場だったが、「自信はあったよ。ベンチからしっかり試合を観ていたし、僕のやるべきことやスペースがあると分かっていた」と、臆することなく試合に入ることができたと明かした。

 清水エスパルスから広島に加入した理由を問われると、「広島は良いチームだって分かっていたから、決断は難しくなかったね」と答えた。さらに、「今のポジションはこれまでやって来た場所と違う。でもプレシーズンでやってきたし、チームに溶け込もうと取り組んでいるよ」と、ピッチ内外でチームに馴染みつつあると話した。

 昨季チームトップの21得点を挙げたFWドウグラスの抜けた穴を埋めることを期待されているウタカ。「僕は他の人と比べたくはない。僕はピーター・ウタカだ。ベストを尽くすだけだよ」と、自分の仕事に徹するだけだと強調した。

 広島での初の公式戦で決めた得点については「クロスボールから遠藤が触った後、ボールを見た時に選択肢は1つだけだった。ストライカーにとって、初ゴールは可能な限り早く決めたいもの。次の試合への自信にもつながるからね。初試合で初ゴールを決められて、チームや同僚、ファンのために決められて本当に嬉しいよ」と、喜びを爆発させた。

 広島のサッカーにおいて、求められている役割を問われると、「ここでは最初の仕事はチームとともにディフェンスすること。もしカウンターのチャンスがあれば、しっかり狙って行きたい。ここではよりディフェンス面を求められる。システムは複雑でポジションニングが難しいね。トップレベルの選手がたくさんいるし、いいサッカーをしている。今日も勝ったしプレーを楽しんでいるよ」と、守備面を課題に挙げた。

 今季の個人的な目標について、「可能な限りゴールを奪いたいと思っている。どんなストライカーでもゴールすることを夢見るものだ」と言及。また、チームの目標に関しては「Jリーグだけじゃなく、ACLでもベストを尽くすよ。僕らはタイトルを守るだけじゃなくて挑戦していきたい。ACLでも優勝を狙いたいと思っているよ」と、Jリーグとアジアの両方を制覇することだと明言した。

Jリーグ順位ランキング

浦和
28pt
G大阪
26pt
川崎F
25pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
70pt
松本
61pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
42pt
鹿児島
40pt
Jリーグ順位をもっと見る