2016.02.19

総選挙トップ3はサンチェ、ベガッ太、東京ドロンパ…マリノスケは8位にランクアップ

マリノスケ
12日のニコニコ生放送『サッカーキング ハーフ・タイム』に出演したマリノスケ
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは19日、『Jリーグマスコット総選挙』の4位〜10位までを発表した。

 マスコット総選挙は、Jリーグ・J1・J2クラブのマスコットにより争われる人気投票。優勝者は20日に日産スタジアムで行われるFUJI XEROX SUPER CUP 2016のマスコット集合写真撮影で、センターポジションに立つ権利を獲得する。投票期間は1月26日12時から2月12日17時59分まで行われた。

 19日の発表ではグランパスくん(名古屋グランパス)とマリノスケ(横浜F・マリノス)が昨年から順位を上げた一方、ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌)、ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)、ディーオ(モンテディオ山形)、ガンズくん(松本山雅FC)が順位を下げた。また、初参加のゼルビー(FC町田ゼルビア)はいきなりトップ10入りを果たした。なお、トップ3は昨年1位のサンチェ(サンフレッチェ広島)、2013年1位のベガッ太(ベガルタ仙台)、初のトップを狙う東京ドロンパ(FC東京)に絞られている。

 12日に放送されたニコニコ生放送『サッカーキング ハーフ・タイム』に出演したマリノスケは、2014年、2015年と2年連続で9位だったが、今回は一つ順位を上げて8位となった。

 順位発表は16日から始まり、今回は10位から4位までを公開。試合当日の20日に日本テレビ系全国ネットで放送されるFUJI XEROX SUPER CUP 2016中継内ハーフタイムでトップ3が発表される。

 発表された結果は以下のとおり。

■4位~10位

4位:グランパスくん(名古屋グランパス)
5位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌)
6位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)
7位:ゼルビー(FC町田ゼルビア)
8位:マリノスケ(横浜F・マリノス)
9位:ディーオ(モンテディオ山形)
10位:ガンズくん(松本山雅FC)

■11位~20位

11位:GAMBA BOY(ガンバボーイ)(ガンバ大阪)
12位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府)
13位:ふろん太(川崎フロンターレ)
14位:パルちゃん(清水エスパルス)
15位:しかお(鹿島アントラーズ)
16位:レイくん(柏レイソル)
17位:アルビくん(アルビレックス新潟)
18位:アルディ(大宮アルディージャ)
19位:ゲンゾー(ツエーゲン金沢)
20位:キングベルⅠ世(湘南ベルマーレ)

■21位~30位

21位:モーヴィ(ヴィッセル神戸)
22位:コトノちゃん(京都サンガF.C.)
23位:ウィントス(サガン鳥栖)
24位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック)
25位:ロアッソくん(ロアッソ熊本)
26位:アビーくん(アビスパ福岡)
27位:ロビー(セレッソ大阪)
28位:ジェフィ(ジェフユナイテッド千葉)
29位:ジュビロくん(ジュビロ磐田)
30位:ミナモ(FC岐阜)

■31位~39位

31位:オ~レくん(愛媛FC)
32位:ギラン(ギラヴァンツ北九州)
33位:フリ丸(横浜FC)
34位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス)
35位:ファジ丸(ファジアーノ岡山)
36位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬)
37位:Jリーグキング(Jリーグ)
38位:ヴェルディ君(東京ヴェルディ)
39位:レディア(浦和レッズ)

欧州順位ランキング

チェルシー
75pt
トッテナム
71pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
75pt
レアル・マドリード
75pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
83pt
ローマ
72pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
19pt
G大阪
15pt
神戸
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
東京V
18pt
横浜FC
17pt
名古屋
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
福島
13pt
鹿児島
12pt
秋田
10pt
Jリーグ順位をもっと見る