2016.02.14

2年ぶり開催のちばぎん杯は千葉に軍配…セットプレーから3発で柏撃破

サッカー総合情報サイト

 Jリーグプレシーズンマッチ「第21回ちばぎんカップ」が14日に行われ、ジェフユナイテッド千葉と柏レイソルがフクダ電子アリーナで対戦した。

 2年ぶりに行われた同大会。スカパー!ニューイヤーカップ宮崎ラウンドを3連勝で制した千葉は、先発メンバーに新加入選手10名を起用。GK佐藤優也のほか、最終ラインは左から、DF阿部翔平とDF若狭大志、DFイ・ジュヨン、DF多々良敦斗が並ぶ。ボランチはMFアランダとMF山本真希のコンビ、2列目にはMF井出遥也とMF小池純輝、そして前線はFWエウトンとFW船山貴之がスタメン入りした。

 一方、ミルトン・メンデス新監督を迎えた柏は、アビスパ福岡への期限付き移籍から復帰したGK中村航輔のほか、ヴァンフォーレ甲府から加入したFW伊東純也が右サイドバックで先発出場。DF鎌田次郎、DF中谷進之介、DF輪湖直樹とともに最終ラインを形成する。中盤から前にはMF大谷秀和とMF小林祐介、MF茨田陽生、MF大津祐樹、MFエデルソン、新加入のFWディエゴ・オリヴェイラが並んだ。

 両チームのサポーターが熱気に満ちた応援合戦を繰り広げる中、開始早々に千葉がチャンスを迎える3分、柏の最終ラインでのミスを逃さずにボールを奪うと、船山がエウトンにスルーパスを出したが、つながらなかった。対する柏も7分、距離のあるFKをエデルソンが蹴り込むとボールは枠を捉えたが、GK佐藤が好セーブを見せ、得点を許さなかった。

 均衡を破ったのは千葉だった。15分、右CKのこぼれ球に反応した船山が右足シュート。ゴール右隅へ転がり込み、先制点を奪った。千葉は2分後にもセットプレーからチャンスを迎えたが、追加点はならなかった。

 20分を過ぎると、次第に柏が主導権を握っていく。22分にはドリブルで縦へと突破したエデルソンがペナルティーエリア左側から左足シュート。33分にも大津がミドルシュートを放つなど、ゴールを脅かした。一方の千葉はカウンターで応戦し、44分に小池がドリブルで敵陣を独走。ペナルティーエリアに入ってシュートチャンスを迎えたが、GK中村に阻まれた。前半は1-0で終了した。

 後半開始早々、次の1点を奪ったのは千葉だった。またも右CKから、ファーサイドへ流れたボールをエウトンが押し込み、ゴールネットを揺らした。

 2点ビハインドを負った柏は57分、スポルティング・リスボンからレンタル移籍で復帰した田中順也を投入。前線の構成を変えて打開を図る。田中は73分、ディエゴ・オリヴェイラが得たFKを直接狙うと、ペナルティーエリア右手前からのシュートは枠を捉えたものの、GK佐藤に阻まれた。

 以降は互いに選手交代を繰り返し、様々な組み合わせを試していく。そして82分、千葉が勝利を決定付ける3点目を奪う。敵陣左サイドで得たFKを阿部がゴール前へ蹴り込むと、中央で待っていたイ・ジュヨンが頭で合わせてゴールネットを揺らした。

 試合は3-0で終了。千葉が柏を破り、大会通算8勝目を挙げた。両チームの通算成績は、千葉の8勝4分け13敗(4分けはPK戦)となった。

【スコア】
ジェフユナイテッド千葉 3-0 柏レイソル

【得点者】
1-0 15分 船山貴之(ジェフユナイテッド千葉)
2-0 49分 エウトン(ジェフユナイテッド千葉)
3-0 82分 イ・ジュヨン(ジェフユナイテッド千葉)

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

柏レイソル
34pt
C大阪
32pt
鹿島アントラーズ
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
福岡
40pt
湘南
40pt
東京V
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
33pt
富山
28pt
沼津
26pt
Jリーグ順位をもっと見る