2016.02.10

磐田、3連勝で鹿児島ラウンド制覇…松井大輔が鮮やか強烈ボレー弾

ジュビロ磐田
3連勝で鹿児島ラウンドを制したジュビロ磐田 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 2016Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップの鹿児島ラウンド第3戦が10日に行われ、鹿児島ユナイテッドFCとジュビロ磐田が対戦した。

 最終戦を迎えた鹿児島ラウンドには、鹿児島、磐田、清水エスパルス、ギラヴァンツ北九州の4チームが参加。ここまで1分け1敗と白星がない鹿児島は前の試合から6名を変更。DF冨成慎司、DF水本勝成、MF赤尾公、MF高野光司、MF井上渉、FW山田裕也が起用された。一方、2連勝を果たし、この試合で引き分け以上なら優勝が決まる磐田は、第2戦で先発したDF櫻内渚とFWアダイウトン以外の9名を入れ替え、MF松井大輔やFW中村祐輝らがスタメンに名を連ねている。

 立ち上がりから主導権を握った磐田は6分、左サイドからのクロスがこぼれたボールをエリア内右の中村が右足ボレーで狙ったが、シュートは枠を捉えることができなかった。さらに直後の7分には、ルーズボールをDFラインの裏で拾った中村がGKと1対1を迎えたが、右足インサイドで放ったシュートはゴール右上に大きく外れた。

 試合が動いたのは17分。左CKを得た磐田はキッカーの松浦拓弥がゴール前にクロスを上げると、このボールをアダイウトンが頭で押し込み先制点をマークした。磐田はさらに29分、再びセットプレーから得点を奪う。松浦が蹴った左CKをGKが弾くと、エリア内でこのボールを拾った松井が巧みなコントロールから右足ハーフボレー。強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さり、リードを2点に広げる。

 終始ゲームを支配した磐田に対し、鹿児島は1度もシュートチャンスを作ることができず、試合は2-0で前半を折り返す。

 鹿児島はハーフタイムに交代枠をすべて使い切り、麻生瞬、塚田翔悟、寺田匡史、吉井孝輔、新中剛史、中原優生、田上裕、藤本憲明を投入した。すると47分、藤本がミドルレンジからクロスバー直撃の強烈なシュート。さらにこぼれ球を拾った麻生が胸トラップから左足ボレーで狙ったが、このシュートはわずかに枠の右上に逸れた。

 一方の磐田も60分にアダイウトンを下げて荒木大吾、63分には宮崎智彦との交代で上原力也を投入する。

 3点目を狙う磐田は75分、左サイドでドリブルを仕掛けた清水貴文がDFをかわしてエリア内に侵入。左足でシュートに持ち込んだが、飛び出したGKに阻まれてしまった。77分にはエリア手前でボールを持った荒木がキックフェイントでDF2人をかわし、左足でシュート。しかし、ここもGKのセーブに阻まれた。

 ピンチを凌いだ鹿児島は80分、右サイドからのクロスに麻生が左足ボレーで合わせたが枠を捉えることはできず、直後の81分には右CKにゴール前の吉井が右足ダイレクトで合わせたが、このシュートも枠の上に外れてしまった。

 後半アディショナルタイムにもCKのこぼれ球をエリア内の藤本が右足で蹴り込んだが、シュートはクロスバーに阻まれ得点とはならず、結局試合は2-0のまま終了。3連勝を飾った磐田が鹿児島ラウンド優勝を果たした。敗れた鹿児島は得失点差で北九州を下回り、最下位で大会を終えている。

【スコア】
鹿児島ユナイテッドFC 0-2 ジュビロ磐田

【得点者】
0-1 17分 アダイウトン(ジュビロ磐田)
0-2 29分 松井大輔(ジュビロ磐田)

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
13pt
東京V
12pt
徳島
12pt
Jリーグ順位をもっと見る
富山
9pt
福島
9pt
鳥取
7pt
Jリーグ順位をもっと見る