サッカーゲームキングジャック6月号
2016.02.04

初勝利目指した福岡と熊本の一戦はスコアレス…互いに好機決めきれず

末吉隼也 清武功暉
マッチアップする福岡MF末吉(左)と熊本MF清武(右) [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 2016Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップの宮崎ラウンド第3戦が4日に行われ、アビスパ福岡とロアッソ熊本が対戦した。

 宮崎ラウンドは福岡、熊本、ジェフユナイテッド千葉、鹿島アントラーズの4クラブが参戦。福岡と熊本はともに2連敗を喫して最終戦を迎えた。福岡は2日に行われた千葉戦から8名を入れ替え、MF城後寿やFW金森健志、FWウェリントンらが先発。一方の熊本も鹿島戦から6名を入れ替えたが、FW巻誠一郎は3試合連続でスタメンに名を連ねている。

 立ち上がりは高い位置から積極的なプレッシャーをかける熊本がボールを支配したが、福岡も最終ラインがしっかりと対応し、互いにシュートまで持ち込めない展開が続く。熊本が最初のチャンスを作ったのは33分。上村周平が前線に浮き玉のパスを送り、エリア内左に抜け出した平繁龍一が左足ダイレクトで狙ったが、シュートはGKの正面に飛んでしまった。

 ここから勢いに乗りたかった熊本だが、その後は福岡が流れをつかむ。34分、エリア手前正面でボールを持った金森がドリブルでDFをかわして左足でミドルを狙ったが、このシュートはDFに当たって枠の右に外れた。直後の35分にはCKの流れからゴール前で混戦となると、鈴木惇、堤俊輔が立て続けにシュートを放ったが、GKとDFのブロックに阻まれ、あと一歩で得点とはならなかった。

 43分にはエリア内左で金森が粘ると、DFのクリアが短くなったボールが中央のウェリントンのもとへこぼれたが、左足で放ったシュートはうまくミートしきれず、枠の左に逸れた。試合はこのままスコアレスで前半を折り返す。

 後半も先にチャンスを作ったのは熊本。56分、カウンターから巻、清武功暉とつないで最後は平繁がエリア内右に侵入したが、右足シュートはGKが正面でしっかりとキャッチした。直後の58分、熊本はアクシデントに見舞われる。左サイドからのクロスに飛び込んだ巻がGK神山竜一と交錯。足首を負傷し、担架でピッチから運び出された。

 熊本は61分、巻に代えてアンデルソンを投入。対する福岡も63分、中村北斗との交代で坂田大輔をピッチへ送り出す。さらに70分、熊本は上村と岡本賢明を下げて中山雄登と髙柳一誠を投入。福岡は73分、城後と金森に代えて阿部巧と為田大貴を投入した。

 互いに選手交代で打開を図ると、85分に熊本が決定機を迎える。エリア内左でパスを受けた平繁がカットインから右足で狙うと、右ポストを叩いたボールをゴール前の嶋田慎太郎が押し込んだが、ゴールライン手前でDF堤がなんとかクリアし、得点を許さない。

 ピンチを凌いだ福岡は87分、右CKから冨安健洋がボレーで狙ったがここはGKの正面に飛んでしまう。さらに90分には為田がドリブルで持ち上がりそのまま右足でミドルを狙ったが、このシュートもGKに阻まれてしまった。

 結局互いに最後まで得点を挙げることはできず、試合は0-0のままタイムアップ。この結果、1分け2敗で並んだ両者は得失点差の関係で熊本が3位、福岡が4位で大会を終えた。

【スコア】
アビスパ福岡 0-0 ロアッソ熊本

Jリーグ順位ランキング

川崎F
31pt
鹿島
30pt
浦和
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
32pt
町田
28pt
C大阪
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
相模原
21pt
秋田
21pt
鹿児島
20pt
Jリーグ順位をもっと見る