2016.01.31

横浜FMに痛手…新9番FWラフィーニャが全治6~8カ月の重傷

ラフィーニャ
長期離脱を強いられることとなったFWラフィーニャ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 横浜F・マリノスは31日、ブラジル人FWラフィーニャが右ひざ前十字じん帯損傷で、全治6~8カ月と診断されたことを発表した。ラフィーニャは30日に行われた練習試合で負傷した。

 ラフィーニャは1987年生まれの28歳。2007年にアビスパ福岡、2010年から2011年にはザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)、2011年から2012年にはガンバ大阪でプレーし、韓国の蔚山現代を経て、2014年7月から横浜FMに所属している。

 横浜FM加入後は度重なるケガに苦しみ、昨シーズンはJ1で10試合出場1得点、ヤマザキナビスコカップで3試合出場1得点を記録。今シーズンから背番号「9」を着用することが決まっていたが、開幕前に長期離脱を強いられることとなってしまった。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
63pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る