2016.01.30

大宮、アンバサダーの塚本泰史氏と契約を継続…2010年に骨肉腫手術

大宮アルディージャ
2016シーズンはJ1で戦う大宮アルディージャ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 大宮アルディージャは30日、クラブアンバサダーとして活動する塚本泰史氏と、2016シーズンのアンバサダー契約を継続すると発表した。

 塚本氏は今回の発表に際し、以下のようにコメントしている。

「今年もアンバサダーを務めさせていただくことになりました。昨年はファン・サポーターの皆さまの本当に熱いご声援、ご支援のおかげでJ2優勝・J1復帰を果たすことができました。僕自身もシャーレを掲げさせてもらい、また、久しぶりに塚本コールを聞くことができて忘れられない1年になりました。ただ、これからが大宮アルディージャにとって本当のスタートだと思っています。いつの日かJ1で優勝し、また皆さまと喜びをわかち合いたいと強く思っていますので、この大切な1年を一緒に戦っていきましょう」

「僕も病気になってから丸5年が経ちました。経過も良好です。皆さまからいただいた温かい言葉を励みに、自らの夢のためにリハビリを続け、新たなチャレンジもしていきたいと思っています。そして、微力ですが今まで以上にクラブのために頑張っていきたいと思っています。皆さまにスタジアムやホームタウンでお会いできることを楽しみにしています!今年も1年、よろしくお願いします」

 現在30歳の塚本氏は浦和東高から駒澤大を経て2008年に大宮へ入団。プロ1年目はリーグ戦27試合出場、2得点の成績を残した。しかし、チームの主力として定着し始めた矢先の2010年に右大腿骨骨肉腫が発覚。同年3月、人工関節に移植する手術を行った。

 その後、2010シーズン終了までは選手登録が継続されていたが、2011年1月、早期復帰は困難として選手契約を更新せず。現在もリハビリを継続しながら、アンバサダーとしてクラブの広報活動やホームタウン活動などを精力的に行っている。

欧州順位ランキング

チェルシー
78pt
トッテナム
74pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
78pt
レアル・マドリード
78pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
19pt
G大阪
15pt
神戸
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
東京V
18pt
横浜FC
17pt
名古屋
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
福島
13pt
鹿児島
12pt
秋田
10pt
Jリーグ順位をもっと見る