2016.01.29

JFLの奈良クラブ、41歳の元日本代表MF山田卓也の加入を発表

2005年まで東京ヴェルディでプレーしていた山田卓也(写真は2004年) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 JFLの奈良クラブは29日、MF山田卓也が加入したことを発表した。

 現在41歳の山田は1997年にヴェルディ川崎(現在の東京ヴェルディ)に入団。その後、セレッソ大阪、横浜FC、サガン鳥栖とJリーグのクラブを経て、2010年からMLS(メジャーリーグサッカー)のタンパベイ・ローディーズでプレー。昨年7月、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治へ加入したが、同11月に退団が発表されていた。Jリーグ通算348試合出場28得点を記録している。

 また、2003年から2004年にかけて日本代表にも選出され、国際Aマッチ4試合に出場している。

 加入に際し山田は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「2016年ご縁がありまして奈良クラブでプレーする事になりました山田卓也です。日米での経験を活かしクラブの為、奈良県の為に全力で走り回る事を約束します。そして日本の古都奈良での生活を目一杯楽しみたいと思います。よろしくお願いします」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る