2016.01.23

横浜FMが新体制発表…ピンクの新ユニフォームや新加入選手がお披露目

新ユニフォームを披露した(左から)GK田口、MF喜田、MF兵藤
サッカー総合情報サイト

 23日、横浜F・マリノスが日産スタジアムで2016シーズンの新体制を発表。報道関係者のみならず、ファン・サポーターのためにスタンドの一部を開放して、大型ビジョンでライブ中継を行った。
 
 まず初めに、2016年1月1日に横浜FMの社長に就任した長谷川亨氏が登壇。35年間、日産自動車の海外部門に勤務し、ここ15年間は海外で社長業を転戦してきた長谷川氏は、「サッカーはプロでなくとも、社長業はプロ中のプロだと自負しています。自動車会社も横浜FMも『お客さまに夢と感動と希望をお届けする』と言う観点では、究極の目標は同じであり、組織・運営の強化方針に大きな違いはないと考えます」と力強い言葉で横浜FMの復活に向けた方向性とディレクションについて述べた。
 
 また、今シーズンのチーム編成については「まだ完了はしていません。最終調整をしているところです。ここ1カ月、半月の間に大筋の全体像が見えてきます」と、補強の可能性についても言及した。
 
 続いて、2016シーズンのチーム方針・編成についてチーム統括本部長の下條佳明氏がコメント。チームスローガンは昨年に引き続き「Integral Goal -All for Win-」となったが、「システマチックな連動で相手を崩しゴールを量産する」、「チームの走力を勝利のために注ぎ込む」、「トリコロールの一体感を証明する」という3つの強い思いを込めていることを語った。
 
 そして、新ユニフォームのお披露目へ。革新的なチェック柄のホームユニフォームを着用したMF喜田拓也、大胆な色使いのボールドピンクのアウェーユニフォームを着用したMF兵藤慎剛、シンプルながら強さを感じさせるブラックのGKユニフォームを着用したGK田口潤人が登壇。兵藤は、「女の子向けのピンク色で、誰が着てもかわいく見せるユニフォームだと思います。僕らはこれをカッコよく輝かせたいです」とコメントした。
 
 その後、新加入選手の発表へと移り、MF前田直輝(松本山雅FCから加入)、DF金井貢史(ジェフユナイテッド千葉から加入)、GK高橋拓也(Y.S.C.C.横浜から加入)、DF新井一耀(順天堂大卒)、FW富樫敬真(関東学院大卒)、DFパク・ジョンス(慶煕大卒/韓国)、FW和田昌士(ユースから昇格)、MF遠藤渓太(ユースから昇格)の8名が、それぞれ新シーズンへ向けた意気込みを語った。

 新加入選手はそのままピッチへ移動すると、駆けつけた2036名のサポーターへ挨拶。改めて新シーズンへの意気込みを語る中、ユースから昇格を果たした和田と遠藤がラグビー日本代表の五郎丸歩選手のモノマネで一発芸を披露するなど会場を盛り上げ、新体制発表は終了した。
 
 なお、横浜FMは25日から沖縄で春季一次キャンプをスタートする。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

C大阪
41pt
鹿島アントラーズ
37pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
47pt
福岡
46pt
徳島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る