2016.01.23

FC東京が目指す勝負へのこだわり…勇気を持ったアクションで頂点へ

FC東京
2016シーズンで初の頂点を目指すFC東京 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 昨シーズンの明治安田生命J1リーグでは勝点63で4位に入り、勝点、順位ともにクラブ史上最高の成績を収めた。しかしながら、さらなる上位進出、何よりもリーグ戦でのタイトル獲得を目指して新シーズンの指揮官に迎えたのが、城福浩監督だ。

 かつて同クラブを率いた城福監督にとって、FC東京には5年4カ月ぶりの復帰となるが、「“頂点”を目指すために再びこのクラブで指揮を執り、選手、サポーターと一体になって戦えることを幸せに思う。しかし『ただいま』と言えるのは結果を残した時」と、並々ならぬ決意と覚悟を持って臨むことを表明している。

 戦力面に目を向けると、昨夏にFW武藤嘉紀、シーズン終了後にはGK権田修一、DF太田宏介がそれぞれ海外へと旅立った。いずれも日本を代表する実力の持ち主だっただけに、その穴を埋めることは容易ではないだろう。迎えた今シーズンは新たにGK秋元陽太、DF駒野友一、韓国代表歴を持つMFハ・デソン、MF水沼宏太、FW阿部拓馬を獲得。城福監督は「(海外移籍した選手の)穴を埋めるのではなく、新たなものを作り出せるメンバー」と期待を寄せる。また、ルーキーとしてはFC東京U-18からの昇格となるDF柳貴博、そして現在、AFC U-23選手権2016を戦うMFユ・インスが韓国の光云大から新加入した。

 今シーズンの新体制発表会見で、城福監督は昨年までのチームの印象を「リアクションの粘り強さ、勝負強さではJリーグトップクラス」と話したが、その良さを失わず、さらに上積みを目論み、『アクションフットボール』で頂点を目指すと掲げた。リアクションの時間を減らし、攻守において自ら勇気を持ってアクションを起こすスタイルで頂点に挑戦するというものだ。その一方で「それが簡単に達成できるほどサッカーは甘くない」とも話す。「そのために日々のトレーニングの充実+ハイレベルの競争をしていく」と続け、継続と積み重ねの必要性を説いている。

 2月9日にはAFCチャンピオンズリーグ2016のプレーオフが迫る。「今シーズンの日本サッカー界の幕開けとなる一戦でもあり、ここで負けるわけにはいかない。たとえ『9割がリアクションじゃないか』と見られたとしても、“This Game”=目の前の勝負にこだわる」と、短期的な目標も明確だ。

 1月16日の練習始動日には、多くの選手の仕上がりの早さを感じたという。これには沖縄合宿で「早々にチーム作りに着手できる」としながらも、「この時期にフィジカルコンディションが良いということは、オフ期間が短く、しっかりと休めていない証拠かもしれない。シーズン初頭にピークを持っていくと、途中で息切れしかねない。そのあたりは見極めていく必要がある」と慎重な姿勢を崩さない。1月下旬に行われるスカパー!ニューイヤーカップでは、リスクを背負うような性急なチーム作りはせず、戦術やシステムを含めてチャレンジの場として臨む心積もりだ。公式戦直前の貴重な実戦の機会となるだけに、若手の積極的な起用も示唆し、「選手それぞれの立ち位置がある中で、個人の特徴や力を見極めていきたい」とも話す。

 ACL本大会出場を目指すだけでなく、U-23チームが明治安田生命J3リーグに参戦する今シーズンのFC東京。アクションフットボールを目標としながら、いかに“This Game”にこだわり、勝点を積み上げていけるかが大きな焦点となる。厳しい日程の中で右肩上がりに成長していくためにも、フレッシュな選手の台頭は欠かせない要素だ。今回のスカパー! ニューイヤーカップにおいても、『Challenge the TOP ~頂戦~』というチームスローガンを胸に刻んだ選手たちが自らの持ち味を存分に発揮して、勝負にこだわる姿勢が見られるはずだ。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る