2016.01.17

19名新加入の千葉が新体制発表…新任GMが選手編成の意図を説明

新ユニフォームで登壇した千葉の選手たち [写真]=内藤悠史
サッカー総合情報サイト

 ジェフユナイテッド千葉は17日、フクダ電子アリーナにて「2016キックオフフェスタ!」を開催した。ホーム側ゴール裏が開放され、多くのファン・サポーターが会場に足を運ぶ中、新体制発表会見が行われ、関塚隆監督と新任の高橋悠太GM(ゼネラルマネジャー)、同じく新任の代表取締役社長・前田英之氏、そして新加入の19選手が登壇。新シーズンに向けての抱負を語った。

 新シーズンを迎えるにあたり、24選手が退団、19選手が新加入と、大幅な選手の入れ替えを断行した千葉。高橋GMが大型ビジョンを使い、チーム編成の意図と経緯をサポーターの前で“公開プレゼン”形式にて説明した。

 高橋GMは、チーム編成にあたって重要視した3つのポイントを紹介した。1つ目は「ジェフでプレーしたいという強い意志がある選手」を集めるということ。「シーズン終了後に全選手との面談を実施し、こちらから『チームに残ってほしい』と伝えた選手の中で、移籍を決断した選手がいることも事実」と明かしつつ、「FC東京やガンバ大阪はJ2降格から1年でJ1昇格を決めたが、あの時は主力選手がまずチームに残って『昇格したい』と言っていた。しかし、現在の千葉はそういった選手たちの集合体ではない。その部分を変えなければいけないということで、大幅な選手の入れ替えを実施した」と、同GMは説明している。

 2点目は「クラブの意向と監督の意向のすり合わせ」。高橋GMは「関塚監督と年末年始にかけて長い時間をかけて話し合いを行った。もちろん意見の食い違いもあったが、クラブの予算や意向を踏まえて、選手編成を行った」と言う。そして3点目は「チームとしての課題と、J1昇格に必要な具体的な数字という部分」で、「いかに具体的に目標昇格に向けて進んでいくかが重要になる」と、過去6シーズンの勝ち点数や得失点数のデータを並べながら、J1昇格圏内進出へ必要な数字を説明していた。

 以上の言葉を踏まえ、マイクを握った関塚監督は「“千葉で新たな歴史を作ろう”という、志の高い19名もの選手を迎えて、“新生・千葉”としてスタートする。攻守に主導権を握り、アクションを起こすサッカーをお見せして勝利を目指したいと思っている。このスタイルと同時に大事なのは“戦う集団”、“勝つ集団”、“強い集団”を作り上げていくこと」と、抱負を語った。

 新体制発表会見に先駆け、千葉は11日に始動してトレーニングを行っている。24日からは沖縄と宮崎にてキャンプを行い、2月28日の明治安田生命J2リーグ開幕戦、徳島ヴォルティス戦に向けた準備を進めていく。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
13pt
東京V
12pt
徳島
12pt
Jリーグ順位をもっと見る
富山
9pt
福島
9pt
鳥取
7pt
Jリーグ順位をもっと見る