2016.01.11

J1昇格の大宮、MF家長と契約更新…昨季はJ2で33試合出場11得点

大宮との契約更新が発表されたMF家長昭博 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 大宮アルディージャは11日、MF家長昭博と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

 現在29歳の家長は、ガンバ大阪の下部組織出身で、2004年にプロ契約を締結。同年6月のアルビレックス新潟戦で2種登録選手としてデビューし、Jリーグ初得点を挙げた。その後、大分トリニータ、セレッソ大阪を経て、2011年にマジョルカに移籍。蔚山現代、G大阪に期限付き移籍で渡り、2014年に大宮に完全移籍で加入した。昨季は2015明治安田生命J2リーグで33試合出場11得点を記録して、チームをJ2優勝へと導いた。

 また、同選手は2007年に当時イビチャ・オシム監督が率いていた日本代表に初招集。国際Aマッチ3試合に出場している。

 契約更新に際し家長は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「あけましておめでとうございます。いつも応援ありがとうございます。今年も大宮アルディージャでプレーすることになりました。2016年も大宮アルディージャと家長昭博の応援をよろしくお願いします」

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
13pt
東京V
12pt
徳島
12pt
Jリーグ順位をもっと見る
富山
9pt
福島
9pt
鳥取
7pt
Jリーグ順位をもっと見る