2016.01.11

C大阪、元日本代表MF関口とDF田中の2選手との契約更新を発表

OSAKA, JAPAN - DECEMBER 06:  Kunimitsu Sekiguchi of Cerezo Osaka during the J2 Promotion Play Off Final between Avispa Fukuoka and Cerezo Osaka at Yanmar Stadium on December 6, 2015 in Osaka, Japan.  (Photo by Matthew Ashton - AMA/Getty Images)
契約更新が発表されたMF関口 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セレッソ大阪は11日、DF田中裕介とMF関口訓充の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

 現在29歳の田中は、2005年に横浜F・マリノスに入団。2009年には川崎フロンターレに移籍を果たし、昨年1月にはオーストラリアのウェスタン・シドニーに加入した。同7月にC大阪に移籍し、2015明治安田生命J2リーグ9試合に出場していた。

 関口は1985年生まれの30歳。2004年にベガルタ仙台に入団すると、2012年まで9年間在籍した。2013年に浦和レッズに加入し、昨年からC大阪でプレーしている。昨季はJ2リーグで31試合に出場し、1得点を記録した。また、2010年には日本代表にも選出されていた。

 契約更新に際し2選手は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

(田中裕介)
「昨シーズンは熱い応援を最後の最後まで本当にありがとうございました。J1昇格を果たせなかった悔しさを胸に刻み、今シーズンこそは他を圧倒するサッカーでJ1昇格を果たします! サポーターの皆様、今シーズンも共に戦ってください!」

(関口訓充)
「発表ができるまでに時間がかかり申し訳ございませんでした。昨シーズンのプレーオフ決勝は僕のサッカー人生の中でも忘れられない試合になりました。あの悔しさ…、忘れる事はないと思います。絶対に今年こそ昇格をしてあの悔しさを晴らしたいと思います! 昨シーズンは皆さんにも辛い思いをさせてしまって申し訳ないと思っています。今シーズンこそ共に嬉し涙を流しましょう!桜満開やで!」

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る