2016.01.08

神戸、清水からDF村松が期限付き移籍で加入「自分の特徴を活かす」

SHIZUOKA, JAPAN - APRIL 22:  (EDITORIAL USE ONLY) Taisuke Muramatsu of Shimizu S-Pulse in action during the J.League Yamazaki Nabisco Cup match between Shimizu S-Pulse and Vegalta Sendai at IAI Stadium Nihondaira on April 22, 2015 in Shizuoka, Japan.  (Photo by Kaz Photography/Getty Images)
神戸への期限付き移籍が発表されたDF村松 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヴィッセル神戸は8日、清水エスパルスからDF村松大輔が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2017年1月31日までの1年間となっている。

 現在26歳の村松は、JFLのHonda FCに入団。2009年に湘南ベルマーレに移籍し、Jリーグデビューを果たす。2011年から清水に加入し、2014年7月に徳島ヴォルティスへの期限付き移籍を経て、昨年清水に復帰。2015明治安田生命J1リーグでは、わずか3試合の出場に留まっていた。

 期限付き移籍に際し村松は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「清水エスパルスより移籍しました村松大輔です。ヴィッセル神戸は選手一人ひとりの能力が高いため、ポジションを奪って試合に出ることは簡単ではないと思いますが、普段のトレーニングから精一杯頑張っていきます。自分の特徴を活かして、チームの勝利を目指したいと思いますので、これからよろしくお願いします」

 また、所属元の清水に向けてもクラブを通じて以下のようにコメントしている。

「チームが苦しい状況の中、移籍することは大変申し訳なく思い、自分自身かなり悩みました。その結果、今シーズンは違う環境で競争することが成長につながると考え、今回の決断に至りました。プロサッカー選手として一回り大きくなってエスパルスに戻って来られればと思います。これまで温かい応援をいただき本当にありがとうございました」

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る