2016.01.06

J王者の広島、京都から23歳FW宮吉拓実を獲得「大変うれしく光栄」

宮吉拓実
京都から広島への移籍が決まったFW宮吉拓実 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は6日、京都サンガF.C.からFW宮吉拓実を完全移籍で獲得したと発表した。

 現在23歳の宮吉は、京都の下部組織出身で2008年に16歳でデビューを果たした。2014年にカターレ富山へ期限付き移籍をしたのを含み、J1で通算18試合出場で3得点、J2で137試合で28得点を記録している。U-13から世代別の日本代表にも選出された経験を持ち、2009年にはFIFA U-17ワールドカップにも出場した。

 同選手は、クラブ公式サイトで、「サンフレッチェ広島という素晴らしいチームの一員になることができ、大変うれしく光栄に思っています。一日も早くチームに馴染み、貢献できるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いいたします」とコメントした。

 また、京都の公式サイトでは、「ジュニアユースの時から11年間お世話になったサンガを離れると決めるのは簡単なことではありませんでした。来シーズンこそはJ1昇格を達成し、サポーターの皆さまと喜びを分かち合いたいと思っていたので、今回の決断に至るまでには本当に悩みました」と語った一方で、「いつも優しく温かく包んでいただけるサンガに甘えている自分がいるのも感じない訳ではありませんでした。これからのサッカー人生を考えた時、新しい環境でチャレンジしたいと思う気持ちが強くなりました」と移籍を決断した経緯を説明。

「これまでの皆さまからの熱い応援や京都での経験を糧に、これからも一生懸命に努力し、サッカー選手として成長していきたいと思います。心から感謝しています。11年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました」と感謝を示した。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る