2016.01.05

豊田陽平が母校・星稜の連覇へエール…今年も佐賀牛を差し入れ「一番のお肉」

KASHIWA, JAPAN - JULY 11:  (EDITORIAL USE ONLY) Yohei Toyoda of Sagan Tosu in action during the J.League match between Kashiwa Reysol and Sagan Tosu at Hitachi Kashiwa Soccer Stadium on July 11, 2015 in Kashiwa, Chiba, Japan.  (Photo by Hiroki Watanabe/Getty Images)
サガン鳥栖FW豊田陽平 [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

 第94回全国高校サッカー選手権大会・準々決勝が5日に行われ、石川県代表の星稜と高知県代表の明徳義塾が対戦。3-0で快勝した前回王者の星稜が、4大会連続となるベスト4進出を決めた。

 同試合では星稜OBのサガン鳥栖FW豊田陽平がスタンドで観戦。母校の勝利を見届けた。豊田は試合前に選手に声を掛けることはなく、「応援に行きたいなと思った」と来場の理由に触れる。

 9日の準決勝では優勝候補の福岡県代表・東福岡と対戦することになったが、「普段通りのサッカーをしてほしいです。これだけ勝ち続けているということは勝者のメンタリティーが備わっているということだと思うので。OBの僕から何か言う必要はないと思います」と、後輩を信頼してエールを送った。

 豊田は昨年度の大会時に、佐賀牛をチームに差し入れたことが話題になったが、今大会でも実施。「油のなるべく少ないところを、とは要望しました」と選手の体調を考慮した上で発注したことを明かし、「佐賀という僕が生きている、生活しているところの一番のお肉だと思っているので」と、佐賀への愛についても話している。

 受け取った星稜の河崎護監督も早速食べたようで「おいしい佐賀牛で。最高に柔らかくておいしかったよ」と笑顔でコメント。OBからの後押しも受けて、星稜は連覇を目指す。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る