2016.01.04

FC東京、鳥栖からMF水沼を完全移籍で獲得「てっぺん取りましょう」

水沼宏太
移籍が発表されたMF水沼宏太 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FC東京は4日、サガン鳥栖からMF水沼宏太を完全移籍で獲得したことを発表した。

 現在25歳の水沼は横浜F・マリノスの下部組織出身で、2007年にユース所属の時にJリーグデビュー。2008年に正式に横浜FMに入団した。その後、栃木SCへの期限付き移籍を経て、2012年に鳥栖に加入。Jリーグ通算153試合に出場し、50得点を記録している。

 完全移籍に際し水沼は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「初めまして。サガン鳥栖から来ました水沼宏太です。まず、タイトルを取るために仲間に誘って頂いた、城福監督やクラブ関係者の方々に感謝します。今シーズンからFC東京という大きなクラブで戦えることが今からすごく楽しみです。今自分の持っているものを全力で表現し、FC東京に関わるすべての方々とともに、もっと高みを目指していきたいと思います。リーグ戦、カップ戦、天皇杯、ACL全部てっぺん取りに行きましょう!!」

 また、鳥栖のクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「サガン鳥栖を愛する全ての皆様へ。この度、水沼宏太はFC東京に移籍することになりました。僕が在籍した4年間。最高の仲間と最高の時間を過ごさせてもらいました。サガン鳥栖がJ1初年度となった2012年から仲間に入れてもらい、いきなりACL争いをしたり天皇杯で準決勝まで行ったり、結果がなかなかでない日々を過ごしたりといろいろな事をこのクラブで経験させてもらいました。僕のプロサッカー人生の中で、こんなに濃い時間を過ごせたのはサガン鳥栖が初めてでした。鳥栖という小さな街にあるこのサガン鳥栖というクラブは、本当に優しく包み込んでくれるような温かい場所でした」

「僕の名前をサガン鳥栖の歴史に残すためにタイトルがなんとしてでも必要でしたが、4年間で1つもタイトルを取れずに移籍を決断したのはすごく心残りです。でも、僕にとってサガン鳥栖のために全力で戦ってきたこの4年間は最高の財産となり誇りです。今後のサッカー人生でも胸を張って、自信を持って戦っていきます。最高なチームメイト、監督、スタッフをはじめ社長やフロントの皆さん、スポンサーの方々、そしてサガン鳥栖を愛するファン・サポーターの皆さん。こんな僕に素晴らしい愛情を注いでくださり、本当にありがとうございます!!僕は仲間に恵まれ、幸せな4年間を過ごすことができました」

「これからは、とにかく高みを目指し、自分らしくポジティブにやっていきたいと思います。次は笑顔でみなさんに会えることを楽しみにしています。心の片隅にでも名前を覚えていて頂けたら嬉しいです。まだまだ言いたいことはたくさんありますが、とにかく結果を残してみなさんに恩返しができるように頑張ります。僕はサガン鳥栖が大好きです!!!4年間本当に本当にありがとうございました!!」

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
50pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る