2015.12.31

名古屋、神戸DF安田理大を獲得「走り、闘い、全力でプレーします」

安田理大
神戸から名古屋への移籍が決まったDF安田理大 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは31日、ヴィッセル神戸からDF安田理大が移籍加入したことを発表した。

 安田は、クラブ公式サイトを通じて、「名古屋グランパスという歴史のある大きなクラブへの加入が決まり、本当に嬉しく思います。2016年、名古屋のために走り、闘い、全力でプレーします。小倉GM兼監督を筆頭に、選手、スタッフ、サポーター…名古屋を愛する全員が一つとなってタイトルを獲りましょう。それでは来シーズン皆さんに会えることを心より楽しみにしています」と意気込みを語った。

 また、神戸の公式サイトでは、「ヴィッセル神戸サポーターの皆さん、一年という短い間でしたがありがとうございました。ヴィッセル神戸創設から20年、阪神淡路大震災から20年という神戸の街にとって特別な年にプレーが出来てよかったです。ケガが多くなかなか思うようなパフォーマンスを見せることが出来なくてごめんなさい。どんなときも支えてくれたヴィッセルサポーター、そして神戸の街には心から感謝しています。対戦相手にはなりますが、来シーズンヴィッセル神戸と戦えることを楽しみにしています。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を送った。

 28歳の安田は、ガンバ大阪ユース出身で、2006年から2010年までG大阪のトップチームでプレーした後、2011年にオランダのフィテッセに移籍した。2013年9月からジュビロ磐田に加入して日本に復帰すると、2014年はサガン鳥栖でプレー。2015年は神戸に加入したがケガの影響もあり、今季公式戦20試合の出場にとどまった。また、各年代の日本代表にも選出され、フル代表では国際Aマッチ7試合に出場し1得点を記録している。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る