2015.09.18

【予想スタメン】激戦必至の横浜FMvsFC東京、中村と太田の“FK対決”も見所に

“FK対決”が注目される横浜FMの中村俊輔(左)とFC東京の太田宏介 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

横浜F・マリノス FC東京戦は攻撃陣の奮起が必要不可欠

 前節の新潟戦は1-1で引き分け、連勝が「4」でストップした横浜FM。だが、8月の月間MVPを受賞した齋藤学が「チームのやり方は明確で、自信を持ってやれている。残り7試合は一つも落とせない」と言うように、選手たちの上を目指す気持ちは少しも揺らいでいない。

 今節の相手は年間3位のFC東京。直接対決で勝ち点差を縮めることができるか。先発メンバー11人は前節と同じ見込みだ。新潟戦では、0-0で迎えた前半終了間際に、セットプレーからもったいない失点を喫した。守備時の集中はもちろん、FC東京戦は直近3試合でわずか1得点を挙げるにとどまっているだけに、攻撃陣の奮起も必要不可欠だ。アデミウソンにとっては、3月のJリーグデビュー戦の相手。前節は鋭い足の振りから、強烈なミドルシュートを突き刺して貴重な勝ち点1をもたらした。周囲との連係を深めた今、7得点を記録するチームトップスコアラーが前回対戦時との違いを見せてくれるはずだ。

 また、新潟戦では専大出身のルーキー仲川輝人がリーグ戦デビュー。持ち前のスピードで存在感を示し、今節もジョーカーとしての役割を果たしてくれそうだ。2カ月連続でベストゴールを受賞した中村俊輔の左足も、バー直撃の惜しいFKを放つなど好調を維持。前線からボール奪取を狙い、奪っては素早く攻め立てる意識は統一されている。もう一度終盤戦を盛り上げたい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
三門雄大
アデミウソン
中村俊輔
齋藤学
FW
伊藤翔

FC東京 GKブラダ・アブラモフは連係に不安もチームに「我慢強く戦う」意識が浸透

 前節は神戸にボール支配を許しながらも、粘り強さを発揮してカウンターから得点を重ねた。ただし、スコアとしては完勝の形だが、90分を通して「ギリギリの戦い」だったと森重真人は振り返る。

 それでも、決してじれることなく、劣勢時にこそ「我慢強く戦う」意識がチームに浸透。特にクラブ初の外国籍GKであるブラダ・アブラモフが初先発し、コミュニケーションや連係に不安を残したが、全員のカバー意識が高く、無失点に抑えた。また、得点こそ生まれなかったが、ネイサン・バーンズや河野広貴らがチャンスを演出。途中出場の東慶悟が2得点をアシストした。マッシモ・フィッカデンティ監督が、「先発も途中出場の選手もそれぞれに役割を果たし、良いプレーを見せている。チーム内の良い競争を続けていきたい」と手応えを話すように、前田遼一を軸にした攻撃の歯車も噛み合いつつある。

 ただし、今節は高橋秀人が出場停止に。ここまでアンカーとして、攻守のバランスを支えてきた彼の欠場により、システムや戦術の選択肢が限定されることになり、チームにとっては大きな痛手。梶山陽平はけがからの復帰がまだ見込めず、そのため中盤には野澤英之や橋本拳人らの先発起用が考えられる。好調の横浜FMに対し、いかに総力戦で失点を抑えられるかがカギになる。

 その一方で、セットプレーも武器にする両チーム。太田宏介と、横浜FMの中村俊輔による“FK対決”は見所の一つとなるはずだ。(totoONE編集部)

FC東京予想スタメン
4-4-2
GK
ブラダ・アブラモフ
DF
徳永悠平
森重真人
丸山祐市
太田宏介
MF
羽生直剛
野澤英之
米本拓司
東慶悟
FW
前田遼一
ネイサン・バーンズ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る