2015.08.11

7月の月間ベストゴールは横浜FM中村俊輔の直接フリーキックに決定

中村 俊輔
7月度月間ベストゴールを受賞した横浜FMの中村 [写真]=Getty Images

 11日、Jリーグは7月度月間ベストゴールを発表し、横浜F・マリノスに所属するMF中村俊輔のゴールが選出された。

 ベストゴールに選ばれたのは7月19日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第3節のガンバ大阪戦で94分に記録したゴール。Jリーグ選考委員会は受賞理由について次の様に説明している。

「まさに芸術的なフリーキック。後半アディショナルタイムというもっとも疲労がたまる時間帯にもかかわらず、コース、スピード、タイミングなど全ての要素を満たした素晴らしいキックだった。相手チームが壁に長身選手を揃えてくるなか、縦回転のボールでさらにその上をいき、ゴールキーパーも見送らざるをえなかった。世界最高クラスのゴールキーパーでもふせぐことは難しいと思われる、何度見ても美しいゴールであった」
 
「1stステージはけがの影響により出場機会の少なかった中村選手だが、今季初のフル出場となった試合での劇的な一発で正真正銘の復活を果たした。1-2でG大阪にリードを許したまま迎えた後半アディショナルタイムのフリーキックという場面において、チームの窮地を救う起死回生のゴール。日本のみならず世界でも称賛され続けている中村選手だからこそ決めることのできたゴールであり、チーム全体が中村選手を信頼しているからこそ生まれた一発であった」

 なお、7月の月間ベストゴールには、川崎フロンターレMFエウシーニョが第1節FC東京戦で決めた得点と、アルビレックス新潟MF小泉慶の第3節サガン鳥栖戦にあげた得点もノミネートされていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る