FOLLOW US

札幌、稲本が加入会見「伸二とプレーする機会を与えてくれた札幌に感謝」

札幌市内で加入会見を行った稲本潤一

 コンサドーレ札幌は16日、元日本代表MF稲本潤一の加入会見を札幌市内の複合商業施設、サッポロファクトリーで行った。

 稲本は、集まった約1500人のファンやサポーターに向けて、「皆さんこんにちは、稲本潤一です。期待に応えられるようなプレーをして、J1に上がれるように頑張りたいと思うので、よろしくお願いします!」と挨拶。その後、報道陣からの質問に応じた。

 複数のクラブから獲得オファーがあった中、札幌を選んだ理由を「一番初めに声を掛けて頂いたっていうのが一番です。川崎(フロンターレ)から来年は契約をしないということを伝えられて、その2日後にお話を頂いたのは、強く印象に残っています」と回答。

 札幌に所属する元日本代表MF小野伸二から、クラブより先に電話でオファーを受けていたことも明かし、「やっぱり彼がいるというのは、決めた一つの要因。彼は僕たちの世代のスターですし、彼とプレーできる機会を与えてくれたコンサドーレにはすごい感謝をしています。彼は見てる人を喜ばせるプレーをするので、そのプレーを支えていければ」と語った。

 同席した札幌の野々村芳和社長から背番号17のユニフォームを進呈されると、「17で『イナ』ってことで、覚えてもらいやすいかなっていう意味で選びました」と話し、札幌のチームカラーである赤と黒については、「フランクフルトの時に赤と黒のユニフォームは着たことがあるので、たぶん似合うと思います」と述べた。

 札幌の印象については、「(J1に)上がったり落ちたりを繰り返してるクラブという印象は強いです。若い選手が多いので、僕たちのやる姿を見て何かを感じ取ってもらえればと思いますし、僕自身も負けず嫌いなんで、若い選手に負けないプレーを常にやっていきたい。若い選手にはその壁を乗り越えて、僕たち以上のパフォーマンスをしてほしいなと思います」という。

「昔に比べると前に行く回数、得点をする回数というのは減ってはいますけど、攻撃を仕掛けるパスだったり、ディフェンスであったり、球際の強さを見てもらえれば。まずは、けがをしないで全試合出場することが目標です」と意気込んだ。

 また、プライベートに関しては、「基本的にあまり外には出ないんですけど、せっかく新しい土地に来たので、オフを使って美味しいものを食べたり、観光地に行ったりしてみたい」と語り、野々村社長から「奥さん(2012年にモデルの田中美保と結婚)もこっちに来るの?」と問われると、「嫁も一緒に来ます。嫁ともどもよろしくお願いします」と回答する場面もあった。

 35歳の稲本は、ガンバ大阪の下部組織出身で、同クラブユース所属時の1997年に17歳でJリーグデビュー。1999年にはワールドユースで準優勝し、2000年に日本代表で初出場を果たすと、2002年の日韓ワールドカップでは2得点を挙げてベスト16入りに貢献し、W杯に3大会連続で出場している。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA