2015.01.06

元代表FW玉田圭司、J1復帰を目指すC大阪に移籍「経験を伝えたい」

玉田圭司
C大阪への移籍加入が決定した玉田圭司 [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪は6日、元日本代表FW玉田圭司が名古屋グランパスから移籍加入することを発表した。

 玉田は1980年生まれの34歳。1999年に柏レイソルでJリーグデビューを果たし、2006年からは名古屋グランパスでプレーしていた。2014シーズンはリーグ戦17試合に出場し2得点、カップ戦は4試合で1得点、天皇杯では2試合で2得点を記録。しかし、同シーズン限りで名古屋との契約満了を迎え、来季の契約更新は行わないと発表されていた。

 C大阪への移籍に際し、玉田はクラブ公式HPを通して、「このたび、セレッソ大阪に加入することになりました。セレッソは若いチームなので、自分の経験を出来る限り伝えていければと思います。チームの目標もはっきりしていますし、とてもやりがいを感じています。サポーターの皆さん、応援何卒宜しくお願いします」と、コメント。

 また名古屋に対しては、「今シーズンよりセレッソ大阪でプレーすることとなりました。9年間という長い間、良い時も悪い時も支えて下さった名古屋の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」と、感謝の言葉を口にした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る